夏の養生に、夏越の大祓(なごしのおおはらい)

養生|養いながら生きる法 - とも治療室|はり・灸|アロマ|花療法|世田谷区豪徳寺|新宿新大久保|女性

夏は食中毒や感染、「ストレスがたまってイライラ」など、危険がいっぱい。そんな季節だからこそ、日本にはこんな風習が残っています。

6月末日には、夏越の大祓(なごしのおおはらい)が各地で催されます。名越、六月祓(みなづきのはらえ)とも。

チャンスがあれば、ぜひご参加を!季節行事には、人類の知恵がこめられています。

ご近所 「世田谷八幡宮」では、本物の茅(かや)を使っています、とてもいい香り。自然のアロマを楽しめます。

機会あるごとに、人類の知恵を組み入れていくと、長い目で見たら大きな違いになっていくかも…五感で体感することからはじめてみましょう。