古代九鍼

紀元前の中国で漢時代ごろ金属加工技術が発展して精巧な鍼が作られるようになりました。3000~4000前の中国の古い医学書「黄帝内経」には9種類の鍼が記載されています。これが九鍼。古代九鍼といって、国家試験でもよく出題されるものです。

伝統鍼灸は鍼灸治療の1%以下

現在日本の鍼灸院の、99.99%は 現代鍼灸=西洋医学の考え方にそった治療なのが現状です。伝統鍼灸はのこりの1%以下といわれています。

現代鍼灸とは全く違う古代九鍼

とも治療室は伝統鍼灸院です。鍼は、古代九鍼のなかの鍉鍼(ていしん)を愛用しています。

繊細でやわらかく、芯まで ふわぁっ とゆるみ、心も体も同時に楽になっていきます、ただただ眠くなる時も…。

とも治療室のやさしい鍼を、気に入ってくださったら とてもうれしいです。

内側からの本質的な輝き

治療がすすむと、内側から本質的な輝きが増していきます。

体感は人それぞれ。ふわっと軽い ふわっと幸せな感覚…が訪れることが多いようです。

「帰り道はふわふわ、空を飛べちゃいそう…」「しみじみ幸せを感じる」…の声を聞きます。幸せに理由は要らない、内側からわいてくる…理屈抜きに感じる いわくいいがたい感じ。

伝統東洋医学ではこの状態に近い言葉があります

内側からの輝きとは「有神」

ヒトが本来持つ生き生きとした状態を、伝統東洋医学で有神ユウシンと呼びます。

とも治療室は、症状改善のみならず 有神を目指します。

心身がととのい、デトックス・リセット・チャージ・エナジャイズされた状態=有神。

右肩上がりに そうなって、その後そのまま、というゴールはありません。継続的なケアで 振れ幅がおだやかになることで、ナチュラルにこの状態へ 近づいていきます。

心身両面 不要なもの…を手放して

今はもう不要な パターン、緊張、滞りなどを手放し
本来のご自身をとりもどすことが
この「神が有る」を助けます。

ご自身のイノチそのもの

他者から与えられるものでなく ご自身の根源から無限に湧出でるパワー、イノチそのもの。のように河合は感じます。

宇宙唯一の自分自身。この無限の可能性と力に気づくプロセスを とも治療室は そっと お手伝いしています。