自分で自分をラクにするおうち灸教室…「自分と仲良く自分に優しく」

セルフメンテで大切なのは、自分の身体の声を聴くこと。「身体の声」に耳をすませる…アタマで考えないで カラダで“感じる”…心地よさをキャッチする、安らかに穏やかに今ここにいられる…など。お灸テクだけでも、ツボ知識だけでもない、自分で自分の心身をラクにする ホリスティックなお灸教室。※参加者の体調状況に合わせた内容です


shop126

とも治療室ではセルフヘルプ、の一環として、セルフケアお灸を伝えるべく 地道なお灸啓蒙活動を継続して行っています。

●毎月新月に『女性の体・女性ホルモンに特化したお灸教室』を定期で開催。

ナマケモノ倶楽部のカフェにて季節に応じた『ナマケモノおうち灸教室』開催

長年最上質なもぐさを作っている、滋賀の老舗メーカーせんねん灸さんとご縁があり、メーカーホームページでも、とも治療室のお灸教室を紹介していただいています。お灸教室についてはこちらにまとまっています。

  selfcare_top

随時開催お灸教室について以下にご案内します。


自分で自分をラクにするおうち灸教室

 

お灸教室は「新大久保提携サロン」「豪徳寺プライベートサロン」の2か所で行っています。

☆新大久保お灸教室=ご予約フォームから受付随時

ご予約フォーム

予約時・初回受療時 よくある質問はこちら

★豪徳寺開催お灸教室=定期的継続的患者さんと東京衛生病院患者さんご本人を含むグループのみでプライベートに開催。


 

images

●新大久保お灸教室(マンツーマン)

受講料:7000円

内容:●自分で自分にお灸ができるようになる●自分のツボが探せるようになる●細かく体質チェックをしたうえ、ご自分の体質と、ご自分の目的に合ったツボをお伝えします●丁寧な個別指導 ●様々なお灸の手法を体験

服 装:手足の素肌が出しやすい 楽な服装

持ち物:古タオル2枚 肌に印をつけるマーカーペン あればライター 問診票記載などのためのボールペン 必要に応じ老眼鏡等。

ご予約フォーム

予約時・初回受療時 よくある質問はこちら


07_side_p_img05

●新大久保お灸教室(ペア)

受講料。:2人同時申込みで、各自3500円

内容:●自分で自分にお灸ができるようになる●自分のツボが探せるようになる●御希望があれば、家族などへのお灸が、安全に効果的にできるようにお伝えします。夫婦、親子など家族内のお灸を知っておくととても便利です。

時間:90分

服 装:手足の素肌が出しやすい 楽な服装

持ち物:古タオル2枚 肌に印をつけるマーカーペン あればライター 問診票記載などのためのボールペン 必要に応じ老眼鏡等。

ご予約フォーム

予約時・初回受療時 よくある質問はこちら

 

 


気持ちよく触る

まずは自分と仲良くすることから… どなたでも安全簡単に実践できる「おうち灸」を丁寧にお伝えします。

おうち灸は、自分のイノチの力と、四季を感じられる幸せな時間。自分がラクになると、その安らかさは周りへも広がります。ほんの少しの自分手入れが、本来の私、私のベース、を取り戻す大切な時間となります。毎日1個のお灸で、自分に優しさを…。 images


とも治療室の養生教室では、皆さんに体験の中で感じていただくこと、あまり、頭でするような形では伝えない、ということを大切にしています。

様々な立場(何も知らない、もうすでに毎日やっている、各種専門家、医療従事者等…)の方々に、体験いただいて「目からうろこ!」「なんともいえないかんじ、いい意味で!言葉にならない」「考えないがむつかしく。いかに あたまでやっていたか びっくり」「気持ちよさ、が わかりそう…嬉しいです」「新たな視点を得ました」とうれしい声を頂いています。

 

●ただ かんじる。

●頭で分析したり記憶したり疑問に固執したり を手放してみましょう

●今 ここ、に (集中しつつ ふわーと 解放されている いい感じのなかで…) ただやる。

●そのなかでおこること、おこらなかったことふくめて、自分自身に何が起こるかを見てみましょう。

●プロセス(=means whereby/ そこに至る道筋)を味わってみましょう。

●丁寧な、自分との向き合い、を 一緒にやっていきましょう。

お灸も、東洋医学も、自分との向き合いも、一生かかる奥が深い楽しい探求の旅です。これはスタート。初回は、「ヒント」があればそれで十分です。再受講することもできます。


 

お灸は、身近な野草、草餅に使う「よもぎ」からできています。

草餅でおなじみヨモギから作られた、日本独自の上質なお灸。少し前まで日本の家庭で普通に行われていました。

お灸教室 - とも治療室|はり・灸|アロマ|花療法|世田谷区豪徳寺|新宿新大久保|女性

大昔から世界のあちこちで、医療につかわれてきた薬草です。江戸時代、医療は東洋医学が中心でした。

灸(『万象妙法集』嘉永3年序・刊)

そして、ごく最近まで…おじいさんおばあさん世代まで、家庭でもお灸は身近な存在だったのです。

昨今、この素晴らしい日本の伝統文化が忘れられ…もぐさ農家さんも伝承がきびしくなり…貴重なセルフケアが、忘れられ去ろうとしています。

だから、今。

未来につながる、自分にやさしいセルフケアを、学びなおしましょう。

◎お灸をしてみたい

◎お灸ってどんな効果があるの?

◎使い方がわからない

◎ツボってどうさがすの?

◎お灸は熱いのをがまんするの?

◎お灸は自分ひとりでもできるの?

◎煙が気になる。

◎火傷するんじゃないの? 怖い!

nosmork_soft

 

こんな疑問に一つずつ、お伝えしていきます。

空

≪自分の身体と仲良くすることは、自分を通して四季を、いのちを、感じることです。

自分の身体に優しくする習慣は、小さな行為を通じて世界へ広がっていきます。一人がラクになることが
まわりを、明るくします。
ひとつまみのもぐさでできた、1個のお灸の出来ることの楽しさ、パワフルさをお伝えしたいと思っています。

こんなちいさな「やさしい温熱」と 自分の身体の変化をぜひ体験してください。≫

とも治療室 河合リコ
*“とも”にある…という意味の治療院名です。