カテゴリー別アーカイブ: とも治療室の説明

【とも治療室】へ★メールを送ったが、送信できなかった方へ

ダウンロードご迷惑をおかけします。

「メールを送ったが、送信できなかった場合」一度ご確認ください。

 

「メールへの返信」ではなく、

【とも治療室】からのメールの末尾にある 公式アドレスを、宛先に入力していただけますでしょうか?

ほとんどの場合、クリックすると自動でそのようになります。

ご不明の場合は、お気軽に、受付専用電話までひとことご連絡ください。折り返しこちらからご連絡いたします。

 

 

 

【とも治療室から】一度もメールが届かない方へ

ダウンロードメールでやり取りできない場合は、お電話でご予約、日程調整などさせていただきます。

お気軽に、受付専用電話までひとことご連絡ください。折り返しこちらからご連絡いたします。

 

公式アドレスにメールしたのに/予約フォームで予約したのに、あれ? 一度も返事がない?という場合、お手数ですが一度以下をご確認くださいませ。

設定で改良することがあります。設定の内容についてはご契約の携帯電話会社などにおといあわせください。

 

参考までに一般的なケースを掲載します

docomo、au、softbankなど各キャリアのセキュリティ設定のためユーザー受信拒否と認識されているか、お客様が迷惑メール対策等で、ドメイン指定受信を設定されている場合に、メー ルが正しく届かないことがございます。以下のドメインを受信できるように設定してください。

@tomohari.com

ドメイン指定受信手順

 

PCメールアドレスをご利用の方

お使いのメールサービス、メールソフト、ウィルス対策ソフト等の設定により「迷惑メール」と認識され、メールが届かない場合があります。 (特にYahoo!メールやHotmailなどのフリーメールをお使いの方)
その場合は「迷惑メールフォルダー」等をご確認いただくかお使いのサービス、ソフトウェアの設定をご確認ください。

Yahoo!メールをご利用の方はこちらをご参照ください>>
Hotmailをご利用の方はこちらをご参照ください>>
Gmailをご利用の方はこちらをご参照ください>>

スマートフォンの場合

  • docomo

    1.メールアプリ
    2.メール設定
    3.ドコモメール設定サイト
    4.認証画面(パスワードが必要です。初期設定「0000」)
    5.指定受信/拒否設定
    6.受信するメールアドレスの設定『@tomohari.com』を追加して登録
    >詳細はこちら

  • au

    1.メールアイコン
    2.Eメール設定
    3.アドレス変更・その他の設定
    4.迷惑メールフィルター設定・確認
    5.暗証番号を入力
    6.受信リスト設定で「有効」を選択
    7.『@tomohari.com』の入力および一致確認の範囲を選択
    8.「変更」を選択、「OK」を選択
    >詳細はこちら

  • SoftBank

    1.My Softbank
    2.メール設定の「Eメール(i)」を選択
    3.「迷惑メールブロック設定」の「次へ」を選択
    4.「受信許可リスト」の「変更」を選択
    5.「利用選択」、「次へ」を選択
    6.『@tomohari.com』を登録し、照合方法を選択し「次へ」
    7.「登録」、「OK」を選択
    >詳細はこちら

携帯電話の場合

  • docomo

    1.i-menu
    2.お客様サポート
    3.各種設定
    4.メール設定
    5.詳細/設定解除
    6.認証画面(パスワードが必要です。初期設定「0000」)
    7.受信/拒否設定で「設定」を選び「次へ」
    8.ステップ4の受信設定へ『@tomohari.com』を追加して登録
    >詳細はこちら

  • au

    1.メールアイコン
    2.Eメール設定
    3.メールフィルター
    4.迷惑メールフィルター
    5.設定確認する
    6.暗証番号を入力
    7.指定受信リスト設定
    8.『@tomohari.com』を追加し登録
    >詳細はこちら

  • SoftBank

    1.Yメニュー
    2.設定・申込
    3.メール設定
    4.メール設定(アドレス・迷惑メール等)
    5.迷惑メールブロック設定
    6.個別設定
    7.受信許可・拒否設定
    8.「受信許可リスト設定」を選択
    9.「設定する」を選択し、『@tomohari.com』を追加して登録
    >詳細はこちら

Q:こんなに軽いはり灸治療で、なぜ治るの?

p02

 

 

Q:こんな軽い治療で、なぜ治るの?

 

お答え:「生命は 本質的にミラクル。そのいのちの力を引き出すから…」

とも治療室では、一般の鍼灸治療よりも格段にマイルドな、優しい治療をしています。そのベースには古典と伝統があります。教養ではなく実用としてです。古典的東洋医学は、深い思想性があります。頭だけで考える思想ではなく、実用として、です。

東洋医学は いのちの力そのものを引き出すので、ご自身の自己治癒力が高まり、さまざまな症状や辛さが軽減していきます。


西洋医学と東洋医学の違い・・・

西洋医学は人間を機械のように、部分的にとらえます。部品が壊れたら修理。機械として正常に機能している数値的に整っている状態が健康、と。症状はつらさがなくても、検査で異常があれば治療は始まります。逆につらさがあっても、検査値が正常なら、原因不明と言われてしまいます。

解剖学が基本、悪い部分は切り取る、何か足りなければ注入、病原体には抗生物質等で殺す。となります。

それに対して伝統的な東洋医学は、「いのちの力」が基本です。ホリスティック=全包括的、つまり、すでに人それぞれはもう、完成している。と、とらえます。部品の集合ではないのです。そもそも、いくら部品を集めても、ほんものの命にはなりませんよね?

 

「いのち」が病となったときには、その、形にならない…とおとい「いのち」そのものを調整し、滞りがあればながし、余分なものはで押し出し、足りないものは「気」で入れていく。症状が消えるのに驚いた患者さんに、「まるで魔法ですね!」といわれるけど、それはすべて、患者さんご自身の、いのちの力、です。

さらに、 西洋医学では、これ以上できることはない、といわれたり、原因不明だといわれたことでも、東洋医学では軽快していく… そんな可能性が東洋医学にはあります。

どんなに近代科学が発展しても 、生命は 本質的にミラクル。東洋医学は、そのいのちの力を引き出すから…。と痛感しています。


 

とはいえ、症状が軽くなっても西洋医学は平行いただくことがほとんどです。西洋医学の検査で検証しながら、東洋医学で治療することで、納得していただけるのもありがたいことですから。

予約時・初回受療時 よくある質問

★すべてのコースの初回予約について★
次回の初診予約の開始日が決まりましたのでお知らせします。11月2日(金)より11月、12月、1月分の初診のご予約を開始いたします。

なかなか予約が取れないんだけど…?!

ごめんなさい、現在、こみあっていまして、新患予約を一時ストップしています。初めて予約するかたは、11月~1月分予約受付開始日、11月2日(金)以降に受付フォームからお申込み下さいませ。

予約までの流れは?

予約お申込み(予約フォームからご連絡ください)→当方から予約可能日等候補日をお知らせ→ご都合をお返事ください→お電話で直接、内容確認と質疑応答などお話しします。→当方から予約確定メールを差し上げて、予約確定=予約完了。お手数かけますがよりよいホリスティックトリートメントのために必要なプロトコルです、どうぞご協力くださいませ。

「これから予約します、治療を受ける場所は選べるのですか?」

2018年11月以降、継続治療中でないかたは、基本的に JR山手線「新大久保」駅至近の提携サロンで 治療を行います。各種養生講座の受講生もこちらにあたります。

花療法、花療法セミナーは小田急線豪徳寺駅至近カフェで行います。

豪徳寺サロンは 定期継続治療中※の患者さんクライアントさん専用です。新大久保への変更は要相談。

今日腰痛になったから今日みてほしいんです。

初回の予約は、どのコース・どの養生講座も、上記の手順を踏んで丁寧に初回予約をお一人お一人、一組一組、おこなっています。

とも治療室は「ホリスティック鍼灸院」です。つらいところだけ 今日明日 すぐやって!というよりは、

ご自身の日程表を眺めながら、人生、新月満月、春夏秋冬季節のめぐりなどのタイミングなど、「この日に心身リセット&チャージできたら素敵だなあ~」と予定を立て、余裕をもってお申し込みいただければ嬉しいです。


 

 

 


「はり灸治療を受けるとき、着替えはどうしたらいいですか?」

★はり灸コースは、なにもなければ下着等でも治療できますが、着替えたほうが体がさっぱりしてリラックスし、治療促進するので、着替えをご持参ください。

★お持ちいただく着替えについて。首や肩、背中、太ももまで、拝見できるものだと、楽に治療が受けられます。たとえばキャミソールと短パン。特に関節痛の方は太ももの上のほうまでよく拝見します。のびのよい、ゆとりのあるもので、寝ていて楽なものだったら、他の形もほぼ大丈夫。なお、赤や青の医療用マーカーが汗でとけて色移りすることがあります、あらかじめご了解ください。

★アロマを含むコースでは着替えを用意しています。


「当日は、何分前に行ったらいいですか? どれくらい待ちますか?」

★完全予約制なので待ち時間はありません。初回は問診票記入があるので、5分前にはお越しください。

★患者さん同士が顔を合わせることのないように、豪徳寺プライベートサロンへの入室は、10分前から可能です。新大久保提携サロンは待合室が広いので、もう少し前でも大丈夫です。


 

治療中 気をつけることは?

より良い治療のためには、

★治療中は携帯電話の電源をお切りください。

★治療中はアクセサリーや時計等金属はお外しください。

★遅刻すると治療時間が減る上、ご自身のお身体の脈なども変動しがちですので、余裕をもっておいでください。

★体臭や肌のようすなども診断材料になります、香水や過度に強い香りの制汗剤・柔軟剤・べたべたするほどの保湿や日焼け止めはなるべくお避け下さい。


風邪っぽいですが、治療受けられますか?

仕事や学校を休まなくて済む程度の風邪っぽさなら、治療ができます(強い感染症が疑われる場合は 他の患者さんのためにご遠慮くださいませ)

咳、声枯れ、喉が辛い、鼻水がとまらない、くしゃみっぽい時は、マスクがあると、楽です。


毎週受けたいのですが?

6回目から【定期予約】をとることができます。症状が落ち着き、さらに、「これくらいの頻度ならいいかんじを維持できる」ちょうどよい間隔がお互いにわかってきます。定期予約では1か月程度優先的にお時間を確保します。なお、ずいぶん先の予約は後日調整をお願いする場合があります。

 


時間ピッタリに終わりますか?

予約時間は、着替え、身支度、会計、養生指導、余裕等を含む滞在時間の目安です。実際の所要時間は、状況やご体調により前後することがあります。ご希望の出立時間があれば遠慮なくお教えください。

 

 


キャンセルはできますか?

キャンセル(日時・内容変更)は、前日17時までにご連絡いただければキャンセル料は発生しません。

当日のキャンセル・変更は基本的にできません。ただし交通機関の都合や台風などの自然災害(注意報・警報時等)・ご家族の突然の不幸等の場合は、この限りではありません。

当院は一度に一組のみの「時間」をおとりします。一度に複数ご来院なさる治療院や病院などと違い、「1対1のお約束」です。「少しでも時間が空いたら連絡ください」という、キャンセル待ちの急患さんも、おられます。

無断もしくは予約時間直前での変更やキャンセルをされますと、体調不良等でお困りの、切実なキャンセル待ちの方が受療チャンスを失ってしまいます。

出来るだけ早い段階でご連絡ください。「ひょっとすると?」 の段階でご相談いただければスムーズです。

前もってのご相談なしの当日のキャンセルに関しては、100%のキャンセル料を申し受けておりますこと、予めご了承ください。


そのほか、治療を受ける前に知っておいたほうがいいことってありますか?

●「受診にあたっての注意事項」をまだごらんになっていなければ、お手数ですが、一度確認くださいませ。
http://wp.me/p5DtyY-Ap


「毎日受けたほうがそれだけ多くの効果があるのですか? 通院頻度はどうすればよいですか」

症状や、状態によります。

最初の3回は1週間から10日以内の間隔が理想的です。治療後の状態を維持できているかどうか(日常がハードだったり、症状を起こす原因を繰り返すと、ぶり返してしまいます)、ご自身の体調の立ち上がり方、ご自身の養生の進みぐらいなどかんがみ、2週間、3週間、と間をあけていきます。5回で卒業、もしくは維持向上のため ちょうどいい感じで続けていかれる方が多いです。「気が付いたら、なにもない」がずーっとつづくのが ベストな東洋医学の使い方です。

なお、逆子灸毎日やったほうがいい 毎日やっただけ効果がある鍼灸ケアです。そういった毎日やったらやっただけよいことは、ご自宅でご自分でも効果的にできるよう、しっかり養生指導しますし、どうしても自分ではできない!というかたは、相談に応じ個別に対応しています。

「日頃の生活があまりにハード」、「あれもこれも具合が悪い」「日常生活に困る症状(腰痛など)」等のケースは、週1が基本です。

そんなかたでも、おはなしした養生指導に沿って、心身をいたわってくだされば、徐々に、月に1~2回程度で「いろいろあっても、まあまあ楽になった。これくらいなら、なんとかなる、つらいばっかりじゃなくて、楽しいこともできるようになった」レベルまで維持できるようになるのがほとんど。ストレスケア・自分でできる自分ケアも含め様々な角度から支援しています。

中国医学で目を回復 。【「中国医学視力回復法」視力回復教室】顔・頭の血行改善により諸症状を改善します

images (1)中国医学視力回復法とは

中国医学では既に2000年以上も前の医学書「黄帝内経」に目の治療についての記載があり、長い経験に基づいて眼の治療方法が確立してきました。

「望診、聞診、問診、切診」を通して、体内「気・血・水」 のバランスの調和することにより 、症状を緩和改善すると同時に、全身の不調も一緒に向上していきます。

中国医学視力回復法は、手足と耳の経穴(ツボ)を刺激することにより内臓のバランスを取り、気・血の流れを良くして目の力を回復していく…帯広・東方鍼灸院の吉川正子院長が開発され、標準化された方法で、数多くの成功例のある安全な方法です。

 

 

「視力回復教室」をマンツーマンで行っています。

目は毎日使うもの。毎日ご自分でセルフケアしていただくことで、回復、悪化防止ができます。ですから「教室」と名付けています。

自分に合ったセルフケア指導と治療を3~10回、お一人お一人に合わせオーダーメイドします。

痛みもほとんどないので、子供さんでも無理なくおこなえます。お子さんは特に、ご自宅での養生も大切です。十分なご理解をいただけるよう丁寧に説明しますので、いっしょにがんばりましょう。

【「中国医学視力回復法」視力回復教室】概要

お一人お一人の状況、症状、回復に合わせてマンツーマンで組み立てていく教室です。顔・頭の血行改善により諸症状を改善します。

この治療によりほとんどの方は恢復しはじめしますが、身体や眼に良くない習慣や条件が続くと、次回治療日までに状態が元に戻ってしまう事が多々あります。 日常生活の注意点も含め、しっかりした「東洋医学によるご自分ケア」ができるようになるよう、指導してゆきます。

【「中国医学視力回復法」視力回復教室】スケジュール

3回以上のコースです。この特別なコースは、以下の間隔で、最低3回の通院が必要です。

1回目と2回目はできるだけ1週間、せめて10日間隔で行います。

3回目は2回目から2週間以内に行います。

その後、体調と進捗状態に合わせて間隔をあけていきます。継続はお好きなだけ可能です。

【「中国医学視力回復法」視力回復教室】教室費用

毎回15000円を3回=45000円(資料・養生グッズ・教材込)。治療ですので、領収書は医療控除に使えます。

その後毎回15000円で継続します。

一般の方や子供相手にも安全に使える「プロの鍼灸師が使う」道具をお渡しして、ご自分で東洋医学セルフケアができるようになるようにお教えします。

触れるはり、なでるはり、マッサージするはり、お灸など、しっかりとお教えしますので、鍼灸専門学校学生さんやプロの鍼灸師さんにも人気の教室です。

特典:【「中国医学視力回復法」視力回復教室】を受けられた方には、特別な施術など、様々な特典とフォローがあります。初回にご説明します。

 

****** 申込方法 *******

公式サイト上部の「予約フォーム」をご利用ください。

施術内容は、「各種講座(お灸教室・花療法セミナーなど)]にチェックを入れたうえ、

メッセージ欄に「視力回復教室」と記入ください。

お電話でも承ります。治療中のため常時留守番電話対応です。伝言をどうぞ。

*花療法のみの方*の注意事項

以下注意事項をご理解ご承諾のうえ、花療法を予約&おうけくださいませ

初めての方も、すでに長くいらっしゃる方も、今一度、お目通しください。

 

  • 初回は、全てのコースで、治療をお引き受けできないケースがあります。 日常生活に支障が強くある場合…例:高熱、感染症、極度の疲労、極度の睡眠不足、心療内科治療中等。主治医の同意が必要な場合があります。ご不明は小さなことでもあらかじめ気軽にご相談下さい。
  • 花療法1時間、初回花療法90分、は、めやすです。状況により、多少時間が長くなったり短くなったりする場合があります。

  • ~お願い~

  • キャンセル、治療日時変更は前日17時までにご連絡いただければキャンセル料は発生しません。完全予約制のため、当日キャンセルは基本的にできませんのでご注意ください。
  • ゆとりをもっておいでいただき、開始5分前には到着下さい。初回は問診票記入があります。
  • 5分以上遅刻する場合はご連絡いただければ安心します。
  • 室内に残るような、香水や柔軟剤等の使用はお控え下さい。
  • ご予約時間内は、携帯電話の電源をお切り下さいますようお願い致します。
  • 感じ方には個人差がありますので、ペースダウンしたい、いったん休みたい、トイレに行きたいなど、ありましたら我慢や遠慮をせずお伝え下さい。

~予約について~

次回の予約は、時間としての予約だけでなく、ご自身の状態にあわせた適切な時期のご予約でもあります。

場所について。次回の予約は、患者さんの交通の便/状況/内容/当室の前後治療予定などをかんがみ、豪徳寺駅構内カフェもしくは豪徳寺プライベートサロンのいずれかで予約をおとりいたします。

~キャンセルについて~

キャンセル(日時変更を含む)は前日17時までにご連絡いただければキャンセル料は発生しません。

完全予約制のため、当日キャンセルは基本的にできませんのでご注意ください。交通機関の都合や自然災害・ご家族の突然の不幸等の場合は、この限りではありません。

 

当院は一度に一組のみの「時間」をおとりします。大勢を一度に対応している治療院、病院などと違い、「1対1のお約束」。どうしても、1日にみられる人数が限られており、「少しでも時間が空いたら連絡ください」という、キャンセル待ちのかたも、おられます。

無断もしくは予約時間直前での変更やキャンセルをされますと、体調不良等でお困りの、切実なキャンセル待ちの方が治療を受けられなくなります。

予約の変更・キャンセルをされる場合は出来るだけ早めにご連絡ください。「ひょっとすると、いけなくなるかも?」 の段階で、ご相談いただければスムーズです。

前もってのご相談なしの当日のキャンセルに関しては、以下の通りキャンセル料を申し受けておりますので、予めご了承ください。

~キャンセル料規定~

予約当日のキャンセル ・・・・・施術料の100%
※仕事や体調不良等の理由も対象です。あらかじめ了承ください。

※度重なる無断キャンセルや、初回での無断キャンセルの場合等、それ以降予約をお断りする場合があります。

※リピーター患者様や、ご紹介者様のご要望がある場合、症状・状況での特別な配慮をする場合もありますのですべてがこのかぎりではありません。

とも治療室にご縁のある皆様が お互いに、気持ちよくスムーズに治療を受けていただけるよう、ご理解とご協力をよろしくお願いいたします。

漢方薬「王不留行(オウフルギョウ)」黒い丸い種

_DSC0219rとも治療室では継続的なツボ刺激をすることで治療効果を長引かせる工夫をしています。

当治療室でよく使うのは、「王不留行(オウフルギョウ)」という植物の丸い種です。

この王不留行の粒を患者さんの体の状態に合わせて からだのなかで、最も効果的なツボに貼ります。

「シールがはがれたら、急にコリがよみがえったの!」と患者さんが驚くくらい、継続効果があります。

耳ツボ ジュエリータイプもあります

耳にも行うこともあります。過剰な食欲を抑制するツボに貼ることで、過食気味の方には確かなダイエット効果があります。

花粉症や、ホルモンバランスの崩れなど慢性症状にはとてもよいものです。

耳への 継続ツボ刺激をおしゃれに楽しみたい方には、当治療室には 耳ツボジュエリーも各種用意してあります。色の効果を楽しむのもよいですね。

はり灸はこんな症状に効果があります

こんな症状がやさしい心地よい治療で楽になります。

一般に、はり灸療法は肩こり,腰痛、神経痛、関節炎への効果がよく知られていますが、そのほかの多くのつらい症状や病気に効果があります。

当治療室の症例もいくつかご紹介していますが、とても書ききれないのが実情です。患者さんがいらっしゃるたび、日々新しい症例が増えるのです。

鍼灸は「自分で治る力」そのものに働きかけるので、なにか1つを治しに来ても、すべて同時に癒されていきます…。

不妊、眼科、耳鼻科など、特定疾患への対応を強く打ち出したはり灸治療院も増えてきていますが、

実際には「全体調整」なしには局部は治らず、局部を治そうとすれば全体が同時によくなるものなのです。全包括的医療=ホリスティック鍼灸はこれが特徴です。

 

はり灸の適応<WHO(世界保健機関)>

今は、海外のほうが、はり灸治療の研究が進んでいるのが実情です。保険がきく国も多いのです。 アメリカの、NIH(米国 国立衛生研究所)の見解としてはり灸療法の各種の病気に対する効果とその科学的根拠、西洋医学の代替治療として効果について有効であると発表しました。 WHO(世界保健機関)ではり灸療法の有効性を認めた病気には、以下を挙げています。

WHO(世界保健機構)で定められている鍼の適応症 - 41疾患 

頭痛、偏頭痛、三叉神経痛、顔面神経麻痺、メニエール氏病、白内障、急性結膜炎、近視、中心性網膜炎、急性上顎洞炎、急性鼻炎、感冒、急性扁桃炎、歯痛、抜歯後疼痛、歯肉炎、急性咽頭炎、急性気管支炎、気管支喘息、食道・噴門痙攣、しゃっくり、急性・慢性胃炎、胃酸過多症、胃下垂、麻痺性イレウス、慢性・急性十二指腸潰瘍、急性・慢性腸炎、便秘、下痢、急性細菌性下痢、打撲による麻痺、末梢神経系疾患、多発性筋炎、神経性膀胱障害、肋間神経痛、頚腕症候群、坐骨神経痛、腰痛、関節炎、夜尿症