「とも治療室の説明」カテゴリーアーカイブ

はり灸はこんな症状に効果があります

こんな症状がやさしい心地よい治療で楽になります。

一般に、はり灸療法は肩こり,腰痛、神経痛、関節炎への効果がよく知られていますが、そのほかの多くのつらい症状や病気に効果があります。

当治療室の症例もいくつかご紹介していますが、とても書ききれないのが実情です。患者さんがいらっしゃるたび、日々新しい症例が増えるのです。

鍼灸は「自分で治る力」そのものに働きかけるので、なにか1つを治しに来ても、すべて同時に癒されていきます…。

不妊、眼科、耳鼻科など、特定疾患への対応を強く打ち出したはり灸治療院も増えてきていますが、

実際には「全体調整」なしには局部は治らず、局部を治そうとすれば全体が同時によくなるものなのです。全包括的医療=ホリスティック鍼灸はこれが特徴です。

 

はり灸の適応<WHO(世界保健機関)>

今は、海外のほうが、はり灸治療の研究が進んでいるのが実情です。保険がきく国も多いのです。 アメリカの、NIH(米国 国立衛生研究所)の見解としてはり灸療法の各種の病気に対する効果とその科学的根拠、西洋医学の代替治療として効果について有効であると発表しました。 WHO(世界保健機関)ではり灸療法の有効性を認めた病気には、以下を挙げています。

WHO(世界保健機構)で定められている鍼の適応症 - 41疾患 

頭痛、偏頭痛、三叉神経痛、顔面神経麻痺、メニエール氏病、白内障、急性結膜炎、近視、中心性網膜炎、急性上顎洞炎、急性鼻炎、感冒、急性扁桃炎、歯痛、抜歯後疼痛、歯肉炎、急性咽頭炎、急性気管支炎、気管支喘息、食道・噴門痙攣、しゃっくり、急性・慢性胃炎、胃酸過多症、胃下垂、麻痺性イレウス、慢性・急性十二指腸潰瘍、急性・慢性腸炎、便秘、下痢、急性細菌性下痢、打撲による麻痺、末梢神経系疾患、多発性筋炎、神経性膀胱障害、肋間神経痛、頚腕症候群、坐骨神経痛、腰痛、関節炎、夜尿症

前回より半年以上間が空いた患者さんへ

ずいぶん間が空いたから、行きにくい…顔を出しにくい…などと心配なさる方もいらっしゃいますが、すべてご心配は不要です。

おつらいときは 我慢なさらず、いつでもご連絡ください。心よりお待ちしています。

治療には、詳細な問診が必要です

初回の治療では、全人的に、様々な角度から、詳細な問診をおこないます。半年以上間が空くと、再度、詳細な問診が必要なために30分延長 再診料2000円+税 加算となります。

詳細な問診によってご自身を知ることは、それ自体に養生効果が生まれる大切なプロセスです。ぜひ、味っていただければ、と思います。

「初診料? 初めてじゃないのに、そんなの払うのはいや!」というかたへ。

詳細な問診とご体調を微細に観察しての治療のためには、トータル30分ほど余分に時間がかかります。

そのため、はり灸治療(着替えや養生指導、余裕などを含めた滞在時間1時間)でのご予約は現実的ではありません。

「はり灸アロマ治療」「ホリスティックトリートメント」ならば、実質治療時間は減るものの 対応可能です。一番ご自身の気が楽なように、お好みでご予約下さい。

ご体調 状況に合わせた治療をします。

なお、ご体調状況に合わせた治療をします。治療再開から2回ほどは、ごくごく軽い治療からスタートすることもあります。3回目から通常治療に入ります。

 

 

★花療法の再開について★

花療法のみご利用のかたで、花療法をご自分で十分つかいこなしているかたは、これにはあてはまりません。

 

豪徳寺プライベートサロンは 定期的継続的治療中な患者さん/クライアントさん専用です。

定期的継続的治療をしている患者さん/クライアントさんご本人とそのご同伴者さんの治療、花療法、各養生講座は豪徳寺プライベートサロンで行います。

ただし、東京衛生病院通院中の妊婦さんのみ、新大久保と、豪徳寺どちらでも かよいやすいほうで対応します。

詳しくは→Q&A 治療等を受ける場所は? 新大久保と豪徳寺の違いは?

それ以外のかたの、治療・お灸教室はJR山手線「新大久保」駅至近提携サロンで行います。

花療法、花療法セミナーは小田急線豪徳寺駅至近カフェで行います。

イベントはイベント会場で行います。

とも治療室 名称の由来

とも治療室 名称の由来

とも治療室の「とも」は、共生の「とも」。

患者さんと「とも」にあり、

患者さんのお供として 患者さんの人生のサポートをし

天地と「とも」に、すべての調和をとり

そして、希望を「とも」す治療室です。

とも治療室のホリスティックトリートメントとは。

ホリスティックトリートメントとは、人間の存在全てをひっくるめた治療のこと。とも治療室では独自のホリスティックトリートメントを行っています。

そのエッセンスをすべて凝縮されたのが、「ホリスティックトリートメント」コース、はり灸アロマ花療法等、とも治療室の持つすべてを込めたトリートメントです。女性鍼灸師による、女性のための専門治療室だからできる繊細な治療です。

 

そもそもは、東洋医学自体が「全部をひっくるめた治療」でした

古来そのように体系ができたのですが、

現在の日本では・・・・

ほとんどの鍼灸治療院は近代西洋医学の観点から筋肉や神経など、「物理的な身体」にアプローチしています。

「気」にアプローチしているのは、東洋医学有資格者のうちの、一部。日本伝統鍼灸等古典系治療家ですが、そのなかで 刺さない鍼に特化している治療家は、さらにまれな存在です。

専門家にすら あまり知られていませんが、ほとんど触れるだけの繊細な鍼は、気持ちを明るくする作用があります。

まさに「気」そのものを扱うからです。

この「気をあつかう はり」に、

触覚と嗅覚という最も原始的本能的感覚にアプローチするアロマテラピーと、

単純で力強い英国自然療法バッチフラワーレメディというストレスケアを組み合わせたところに「とも治療室」の独自さがあります。

単純で微細な治療だからこそ、体にも心にも負担なく 大きな変容が起きる…そのパワーに驚き 感動なさる患者さんが多いのですが、それはすべて患者さんご自身の命の働きの発現です。

 

何より患者さんの本当の満足を

とも治療室は、患者さんとの対話をとても大切にしています。

全てのコースで、患者さん本位の対話を軸に行います。その背景は花療法の対話メソッドとセルフケア哲学(ヘルスケア精神)があります。「上から押しつける治療者主体」ではなく すべて患者さん主体。さらにセルフケア(自分で自分を癒す)の方法を一緒に考えていきます。

対話の内容も、患者さんの一番よいように。自分の身体が東洋医学的にいったいどうなっているか知りたい、逆に、話すのすら億劫とにかく眠りたい、などのお気持ちも遠慮せず、ありのままにおっしゃってください。たいせつに配慮します。

ここでの過ごされる時間は、患者さんのためにあります。よい治療をするため、対話、患者さんの安心感、信頼関係を何より大切にしています。

とも治療室は、痛みの治療が得意です。

とも治療室は、痛みの治療が得意です。その範囲は数えきれないほど。例えば

腰痛 腰の痛み

肩こり

首の痛み 

寝違え

痛 ひざの痛み

足の痛み

頭痛

目の痛み

節々の痛み

治癒例・・・・・・・

長年の腰痛

50代「もう長いこと腰痛で辛いです。整形外科に行っても整体に行っても治らない。だんだんひどくなるんじゃないかと心配で」

はり灸で全身バランスを整え、筋肉疲労を取るアロママッサージで施術→1回で腰の痛みが半分以下に。

 患者さんの声

「楽です! 腰だけじゃなく、肩こりまでよくなりました。途中から覚えていないくらいリラックスしちゃって。鍼灸って痛い治療かとおもってたけど、全然痛くなかったです」

 

 

膝が痛くて階段がつらい

60代「整形外科に行って水を抜いてもらってたんですが、つらくって。どうにかなりますか? とにかく痛いんです。」

はり灸で全身バランスを整え、筋肉疲労を取るアロママッサージで施術→1回で膝の痛みが半分以下に。

 患者さんの声

「膝が曲がる! 足が軽いです。おっくうだった外出が楽になりそうです。気分まですっきりしました」

 

 

尋常じゃない肩こり

30代「尋常じゃない痛みの肩こりでじっとしていても痛いんです、首が回らない! 昔から腰椎分離症があって今にもギックリしそう」

 

はり灸で全身バランスを整え、筋肉疲労を取るアロママッサージで施術→
首が痛みなく回り、腰の違和感減少。

患者さんの声

「ウソ〜これって魔法? 首がまわる〜。もっと早くこればよかった。腰をかばって首にきてたんですね・・・クイックマッサージいって治らなかったはずですね」
 

 

声が出ない

40代「風邪をひいて喉が痛く、声が出なくなりました、仕事上どうしても困ります」

 

はり灸で全身バランスを整え、特に背部・足の冷えとのどの熱っぽさを調整→

患者さんの声

「のどの痛みの範囲が狭まってて、やっと息ができるようになりました、明日からの仕事も何とかなりそう。はり灸ってじっくり通うってイメージだったけど、効き目早いんですね」

 

めちゃくちゃ生理痛

30代「生理痛がめちゃくちゃしんどくて。また妊娠しなかったというストレスも強い」

はり灸・アロマでホルモン周期に合わせた全身バランス調整 花療法

患者さんの声

「不定期だった生理のリズムがよくなって、生理でも寝込まなくなりました。ホルモンバランスケアを教えてもらい、焦りが減ってきて…ずいぶん、楽になりました」

 

 

転倒以来の手首痛

60代「転倒以来、手首がすごく痛い、接骨院にいっているが、全然よくならない」

はり灸で手首・全身バランス調整、自宅ケア指導→

患者さんの声

「3回目からほとんど気にならなくなりました」

受診にあたっての注意事項

予約中の方へ

患者さんご自身の利益…安全と質高い治療のための、大切なご案内です。以下を十分ご理解ご承諾のうえで 当日受診下さい。

「新型コロナウィルス対策のための重要なお願い」

以下のいずれかに該当する方は、受診をお控えいただきますようお願いいたします。当日キャンセルも遠慮なくどうぞ。キャンセル料はかかりません。

1.37.5℃以上の熱がある方。

2.風邪症状がある方。

3.だるさ(倦怠感)がある方。

4.呼吸が苦しい方。

5.新型コロナウィルスに感染した方や その疑いのある方 濃厚接触者と 接触した方。

6.過去14日以内に、海外から帰国された方。

7.ご同居されている方が、1~6のいずれかに該当する方。

*花療法のみの方はこちらへ*

予約時・初回受療時 よくある質問 はこちら

当院は最小限の刺激で施術をしていますが、個人差により、ご自身の反応は様々となります。

心づもりしておくだけで影響が最小限に抑えられますので、心身予防面も考慮して 「鍼灸治療の一般的な注意点」もあわせて公示します。

初回のはりは、基本「触れるだけの鍼」、初回の灸は、基本「やさしくあたためるだけの灸」なので、一般的には内出血ややけどはありません。

  • 全てのコースで、 高熱、感染症、極度の疲労、極度の睡眠不足、日常生活に支障が強くある場合は予約がお取りできません。心療内科での治療中・服薬中は主治医の同意が必要です。
  • 治療うけられるかな? とお考えの時は「通勤通学を休まなくてもいい体調」をひとつの目安にしてください。感じ方には個人差があります。
  • 妊娠中の方へ
    • 主治医(病院)にて鍼灸ケア利用承諾を得てお越し下さい。
    • 母子手帳をご持参ください。
  •  持病などで医療機関を受診中の方へ
    • 投薬情報や検査結果、治療経過などのメモをお持ち下さい。

  • 体質、病気、服薬中等で、特別に出血しやすい・止血しにくい方、内出血しやすい方等は、必ずお申し出下さい。一般的な注意事項として、鍼治療では個人差によりまれに出血・内出血が起きる可能性があります。万一、内出血が起きても、お化粧で隠れる程度で、通常は1~2週間程度で治り身体への悪影響はありません。東洋医学では治癒過程の一つと考えられています。

  • 一般的な注意事項として、灸治療では、個人差により、まれに火傷が起きる可能性があります。古来の灸治療は、火傷反応を利用した治療法でしたが、当室では特殊な目的がない限り(その場合は説明します)、心地良い範囲で治療しています。熱すぎる等なにか感じたら、我慢せず、必ず すぐに教えて下さい。
  • 治療後にだるさや眠気、血行増進による皮膚の発赤や痒み、筋肉をストレッチした感覚等が、まれに出現しますが、多くは一時的な治癒過程と考えられます。通常3日以内に消えます。
  • 治療後、翌日、近日中に出張、海外旅行や結婚式等、大きな予定がある場合は、前もって教えてください。眠くなるのが困るなどの都合など、些細な事でも心配な点があったら、あらかじめご相談下さい。

~治療 初回はごくごく軽く行います~

  • 治療効果は、個人差があり、慢性的症状は、比較的時間がかかります。最初の2回は体の反応を見ながらごくごく軽く、全身を整える治療をし、3度目から本格的な治療をはじめます。
  • 症状により、また、治療が進むにつれ、治療法は変わります。治療後どうだったかの感想を常に歓迎しています。遠慮なさらず、我慢なさらず、何でもおっしゃってください。ご自身の感じをお聞きしたうえで、一番良い治療法を行います。とも治療室は触れるだけの鍼、あたためるだけのお灸、ソフトなアロママッサージがメインですが、痛みが強い急性症状、「何とか今日中に」など治癒をお急ぎ、つらさが続く慢性症状などの場合は状況に応じて刺激量を増やします。たとえば、絶対に刺す鍼はいや!火を使うお灸はいや!というかたは ご希望を遠慮せずにお伝えください。
  • 症状にあわせ最適な治療をします。症状などにより時間が長くなったり短くなったりします。はり灸1時間など「予約」時間は、トイレ、給水、身支度、会計、養生指導、その他の余裕等 を含む「滞在」時間の目安です。ご来院日程の参考にご覧ください。

~リラックスするほどに効果増大~

  • 全ての治療で、リラックスするほどに自然治癒力が増大します。無我の境地でリラックス…は最高! 疲れているときは眠ると短時間でもよく回復します。なるべく「寝やすい」ようにして ご自分でも、リラックスしてみてください。
  • たとえば、「気になることは済ませておく」「音の出るものの電源は切る」「締め付けない・体がらくな着替えでのぞむ」「体の力をぬく=脱力」など。リラックス・脱力が普段むつかしい方には、治療時間はよい稽古場になります。回数を重ねるにつれコツがつかめるようになります。
  • 予約時から、すでに 治癒の働きが始まっています。前日、当日、そして お越しになる道すがら にも自己治癒力が働きかけています。何か 気づいたり感じたり。その過程も味わってくださるとよいなあと思います。
  • 自分に合ったお花水を治療前後・治療中に使うのを推奨。
  • 脳疲労・眼精疲労をいやすため、治療中も、脳と目をなるべく使わないようにすると、効果が増大します。治療直前に激しく脳と目を使うことも避けておくとよいでしょう。
  • 治療中感じる、暑い 寒い トイレにいきたい 姿勢を変えたい、など、遠慮なくおっしゃってください。
  • 治療中は、「過去や未来の嫌なこと、心配、懸念を繰り返す、思う/話す」は、避けたほうが効果が増大します。
  • その意味で、簡単お花水は「あたまをつかうお話は、最小限」の会話で的確なお花をお選びしています。

~お願い~

ご自身の脈を安定させるため、ゆとりをもっておいでいただき、治療開始5分前には到着下さい。初回は問診票記入があるので、5~10分前が目安です。

5分以上遅刻する場合はご連絡いただければ安心します。

室内やベッドリネンに残るような、香水や柔軟剤等の使用はお控え下さい。

治療中、携帯電話の電源をお切り下さいますようお願い致します。

感じ方には個人差がありますので、治療中、暑い、寒い、トイレに行きたいなど、ありましたら我慢や遠慮をせずお伝え下さい。

~予約・往診・付添いについて~

治療の時期について。次回の予約は、時間としての予約だけでなく、「お体の状態にあわせた治療に適切な時期」のご予約です。お体のリズムに沿って予約をおとりします。適切な治療間隔での快適さを、味わっていただければ嬉しいです。

往診のご依頼は、現在、受け付けていません。

意思疎通が可能な患者さんの付き添いは、原則、治療室外でお待ちいただいています。ご本人の治療内容をよりよくするためです、どうぞ、ご了承ください。

 

~

キャンセルについて~

キャンセルは、前日17時までにご連絡いただければキャンセル料は発生しません。「少しでも時間が空いたら連絡ください」という、キャンセル待ちの急患さんも、おられます。早い段階で連絡いただければキャンセル待ちの方が喜ばれます。

 

当院は一度に一組のみの「時間」をおとりします。一度に複数ご来院なさる治療院や病院などと違い、「1対1のお約束」です。

前日17時すぎてのキャンセルは全額申し受けますこと、予めご了承ください。

 

地震、台風などの自然災害(警報以上)、小田急線世田谷線運休時等の場合と、妊婦さんは当日キャンセル可能です。安全第一でご判断ください。

 

~キャンセル料規定~

前日17時以降のキャンセル・・・・・施術料の100%

予約当日のキャンセル ・・・・・施術料の100%

⇒次回お会いするときに申し受けます。

※仕事や体調不良等の理由でも対象となりますこと あらかじめ了承ください。

※体調、気候変動などで キャンセルするか迷う場合、まずは前日17時までにキャンセルしてください。当日、通院可能になったら、急患時と同じように、予約をおたずねください。

※重ねてのキャンセルの後は、その後 予約を受けかねますことご了承ください。様々なご事情があってのことと たいへん心苦しいのですが、どうぞご理解くださいませ。

とも治療室にご縁のある皆様が お互いに、気持ちよくスムーズに治療を受けていただけるよう、ご理解とご協力をよろしくお願いいたします。

この案内のURL  https://wp.me/p5DtyY-Ap