カテゴリー別アーカイブ: ホリスティック薬膳

食の基本おさらい。一番できていないところからチャレンジしてみてください。

ダウンロード (1)とも治療室では 季節に合わせた個人指導をしています。ここにあるのは、一般的な、基本。たいていはご存知の、あたりまえのことばかり。

このなかで、一番できてない部分をぜひ1週間でも1ヵ月でもやってみてください。身体の違いが分かることでしょう。少しずつでいいのです、昨日より今日をより健康に。

ただし、なによりだいじなこと・・・養生法をふくめライフスタイルは 個性であり人生。正解はありません、ということもほんとのホントのことです。

食べる時は食べる。食べることに、それを作ってくれた自然やかかわった人たち等に感謝しながら、楽しく。何かしながらではなく。五感をすみずみまでつかって味わって。おやつも大事に。無意識に食べない。機械的に食べない。1口1口が自分になります。ひとくちひとくちが、「自分」を大事にする行為です。

食後は一服した後、軽く体を動かすとよいでしょう。軽い散歩や家事など。ただし、食べると疲れる人は、NG。

一日のメインは昼食、朝食、夕食は軽くします。

おなかペコペコな時間を大事にする。朝ペコペコで目が覚めるのは最高の幸せです。空腹を恐れない。

食事は毎日、ほぼ同じ時間にとります。

前の食事が完全に消化されてから食べます。未消化物が残っているうちに上からものを詰め込むと、知らず知らずに負担がかさみます。

よ~く噛むこと。ただし、食事がおいしいうちに、たとえばあたたかいものは冷える前に、ちょうどいいスピードで食べましょう。

腹7~8分目いつもニコニコ元気な体。少し足りないくらいで満足するくせをつけると、結果的に、人生の中で、ながーく おいしーくたべられます。

基本的に、常温以上のもの。冷たいものはおなかに負担をかけます。起き抜けに冷たいものを飲むとお通じにによいといわれていた時代もありますが、よほど体力のある人向け。起き抜けは、常温か、寒い時期はあたたかいものをふうふうして。

★体調が悪いとき、胃腸の具合が悪いとき

特にNGなもの

刺激物、

味の濃いもの,油っこいもの,こってりしたもの、

体調によってはもち米製品や粘っこいもの,
多すぎる水分

甘いもの

生もの,べたべたするような発酵食品,冷たいもの

 

★食欲ないとき、胃腸が重いとき、何か調子が悪いときは、食事を抜きましょう。暖かい水分だけしっかりとっておけば、無理に食べるより回復が早いです。よほどスタミナがない人以外は、かえって調子が良くなります。

バランスよく 多品目を食べるとリスクが減ります。たいていのかたは野菜がたりません。季節のものをぜひ食べてください。

極端にかたよらない 情報過多の時代、いろんなブームがありますが、なにかばっかりは、NG。時にプロのアドバイスももらいながら、だんだんと中庸へ。自分なりのスタンダードを作っていってください。

薬膳ってなあに。…薬食同源です。

images「薬膳」は、中国古来の知恵、食養生のことです。中国(中医学)では薬食同源(やくしょくどうげん)という考え方があり、食養生もお薬と同じくらい大切にされています。

「薬膳ってなに・・・? 高麗人参スープ、生薬で煮込んだ塊肉? 」苦くておいしくなさそうな料理が頭に浮かぶのではないでしょうか。

薬膳レストランのメニューにはずらっとそういうものが並んでいます。

でも、本来の薬膳は・・・

本来の薬膳は極端でなく一見普通の食事

本来の薬膳は、日々の食事にとりいれられてしかるべきもの。

地産池消、地元の食材をできるだけ使い、シンプルで取り入れやすい食べやすいなじんだもの。極端でなく一見普通の食事が、あるべき姿です。日本人が食べる食事なのですから。(といっても、昭和な日本食)

本来、薬膳には中医学というムツカシイ理論が基礎にあります。

体質や気質をみきわめる「見立て」があって はじめて薬膳は効果があります。

 患者さんに食事指導をするときには、体質や気質、今の季節、仕事の種類などに合わせて、慎重に行っています。

 とにかく、個別対応! そこが大事。

不老長寿の霊薬、高麗人参だって、夏に、暑がりで疲れやすい人が食べたら、逆効果になります。流行りのいろんな食事スタイル・・マクロビ、スムージー、低糖質ダイエットだって、体質気質季節に合わなければ、かえって新たな不調を作るのです。

極端な食事スタイルは、危険です。

日本の風土に合った季節の食材を使った昭和っぽい地味な食事なら、ほとんど危険がありません。

一般の方が自力で食養生をするには、食材一つだけにこだわったり、極端な食事法にかたよるよりは、ざっくりと「基本の食べ方」を身に着けるほうが、ずっとコスパがいいのです。

本当の、ホントのこと。

食事にどれだけエネルギーを注げるか、は、生き方そのもの、ひとそれぞれ。日々、なにかを食べるだけで精いっぱい、から、薬膳を勉強したり資格を目指したりまで。

どなたにも共通する、食べ方の基本は、目の前にある「しょくもつ」への心からの感謝から。そして、「今 ここにあるたべもの、が、わたし、になるんだ…」という本質的な喜びを。ひとくちずつに感じていただければなあと、ねがいます。

春のホリスティック薬膳のヒント。香りと酸味をうまく使いましょう。

images春の養ホリスティック薬膳のかなめは、香りのよい食材を取り入れて、気をしっかり巡らせ、循環をよくすること。みかん、柚子、レモンなどのかんきつ類の皮。ウド,三つ葉,春菊,フキノトウなど香りの高い山菜,など。

また、酸味はストレスと関係ある「肝」(東洋医学的な働きを指す。肝臓そのものではありません)のはたらきを整える力があるので、香りと酸味を供えるかんきつ類などはとてもおすすめです。

春のお花を部屋に飾るのもよいですね。

もう一つ、陽気が強まってくるときには、あらかじめ陰を補っておくことも大切です。陰とは身体にとっての滋養のようなイメージです。

陰を補う食材は、アサリ,イカ,カニ,クコの実,クラゲ,ほうれん草,牡蠣,貝柱,鶏肉,鶏卵,黒キクラゲ,黒豆,山芋,小麦,松の実,豆乳,豚肉,白キクラゲ,百合根,蜂蜜
などです。

もう少し温度が上がってきたら、ふきやたらの芽といった苦みのある山菜類もよいでしょう。

★ただし、多種類をまんべんなく食べるという食養生の基本はお守りください。

例えば春、ストレスが高じたり筋肉疲労が起きると酸味がいつもよりおいしく感じたりします。

その酸味、適量ならよいですが、食べすぎると、酸味の収斂作用がおき、かえってストレスや疲労を発散できなくなってしまいます。

甘み(ゆるませる)と酸味(締める)二つの味を持つ果物がよいのは、そのためです。

おいしいからといって食べすぎは重々NG。衝動にまかせず、理性でコントロール、自分の体に合うかどうかはヨーク観察しながら、体の声を聴いて養生してくださいね。とも治療室では個別指導しています。