タグ別アーカイブ: 冷えとり

女性ホルモンを整えて‘幸せ身体‘’を作る、新月お灸教室 新月 2018年6月14日(木)

07_side_p_img05

★女性ホルモンを整えて‘幸せ身体‘’を作る、新月お灸教室 新月 2018年6月14日(木)

自分の身体をよく知り、身体の声を聴く楽しいレッスンです。一度覚えると一生モノの宝となります、ぜひ、この、エコで安全で、気持ちよくて楽しい「わざ」を身につけてください。まずは、自分の身体と仲良くなるところから…はじめましょう。


身体の声を聴いて、毎日セルフケアするだけで、毎日がどんどん楽に楽しくすごせるようになります。

毎月新月に「女性ホルモンを整えて幸せ身体を作る」等 女性のカラダに特化した新月お灸教室を開催。

詳細はhttps://tomohari.com/oqkyousitu/

●日時☆毎月新月、一組ずつの完全予約制。新月開催は紹介のある方対象で豪徳寺サロン開催。紹介なしの方は新大久保提携サロンで開催。申込時に半月以上先の希望日時を添えてください。

受講料★紹介のあるなしと人数によります。

★「患者さん、産科病院、提携施設などからの紹介あるかた」は⇒複数同時申し込み「お一人3000円」豪徳寺サロンにて。

★「患者さん、産科病院、提携施設などからの紹介あるかた」お一人申し込みの場合⇒しっかり体を拝見し、ご希望あれば治療したうえで、その治療効果をさらにアップし継続できる、貴女にカスタマイズした有効なお灸をお教えします。人気のあるお得なコースです。(初診料・お灸教室込7000円 豪徳寺サロンにて)

☆「紹介なし」で二人同時申込みの場合、「新大久保提携サロン」にて「お一人3500円」。

☆「紹介なし」の方で、おひとり申し込みの場合は 体をよく拝見し、貴女にカスタマイズした有効なお灸のやりかたをお教えします(お一人6000円 新大久保提携サロンにて)


新月定期 開催は紹介あるかたのみ、それ以外は申し込みグループごとに、日時相談の上開催します

開催地【とも治療室★豪徳寺プライベートサロン】
★最寄り駅:★小田急線【豪徳寺駅】【山下駅】数分 詳しくは下記にあります。
開始時間は相談の上一組ずつ設定します。
連絡先(申し込み):03-3425-1822
参加費:グループ各自3,000円 お一人は要相談
定員:2~8名
対象:紹介のある、妊活、挙児希望の女性。体を整えながらセルフケアとしてのお灸を生活に取り入れられるようお手伝いします。お灸がはじめての方、鍼灸が怖いと思う方も大歓迎。


路線図

豪徳寺サロン(紹介あるかたのみ)
★小田急線【豪徳寺駅】から徒歩3分
★世田谷線【山下駅】から徒歩3分
★京王線【下高井戸駅】から徒歩15分
------主要駅から最寄り駅まで----
【新宿駅】から 約16分
【渋谷駅】から 約21分
【三軒茶屋駅】から 約12分
【吉祥寺駅】から 約25分
【荻窪駅】から 約30分
【池袋駅】から 約33分
【東京駅】から 約37分
【品川駅】から 約43分
【川崎駅】から 約45分
【上野駅】から 約45分
【横浜駅】から 約60分
-----------------------------------------
map_okubo_300x150px

紹介なしの方はJR山手線【新大久保提携サロン】にておこないます。★JR山手線【新大久保駅】徒歩1分★総武線【大久保駅】から徒歩3分
----------------------------------------
★インターネット24時間受付★

女性ホルモン調整、妊活&ベビ待ちのミラクルツボ&ケア教えます。

自分で自分をととのえまましょう。女性ホルモンをととのえるには。毎日お灸がベスト!お灸できないときのケアも。

脚

生理周期の乱れ、女性ホルモンの不調(更年期、プレ更年期など)、ストレス、気分上下…スタミナ不足。すべてを癒すミラクルツボがあります、その名も「三陰交」

何故ミラクルなのか、その理由は、消化機能を整えてエネルギーを作る脾経 ホルモン調和の腎経 ストレス緩和の肝経の 3つの気のラインが(「三陰交」という名の通り)交わる場所にあるから。

本気で体質改善症状改善したい方は、「毎日、台座灸」でのお灸がマスト! 一番のおすすめです。効果が早く出るし、根深いいろんな問題を解決していけます。気の合う治療家の指導を受けながらだと一層確実です。

お灸できないときは、じわーっと三陰交のツボ押し。1日1回でよいですから、とにかく続けてください。周辺のマッサージも一緒にするとよいですね。お気に入りのクリームやオイルがあると楽しい時間になります。特別なものでなく手持ちのハンドクリームや乳液で十分です。

<三陰交の場所>

足の内側をさわってみてください。 くるぶしから指4本くらい上の、スネの骨の内側にぽっこり指が入るところです。 押したりもんだりして、「気持ちいいセンサー」で探してみてください。 やってみて気持ち良い、が目安です。三陰交画像

 

ツボのとりかたや、セルフ灸を、毎月新月のお灸教室で丁寧にお教えしています。毎日の養生に是非お役立て下さい。


 


ツボの使い方 色々を紹介…

  1. 優しくなでる。ほんのりあたたまるまで
  2. じわーっと押す。1回の刺激は軽く、ものたりないくらいにして頻度を上げると効き目がたかく、安全です。
  3. 手持ちのもので温める。カイロ、蒸しタオル、ドライヤー。
  4. 手に入りやすいもので温める。こんにゃくをゆでて。塩を炒って。(日本で昔から行われていた家庭療法)
  5. レンジで簡単!な、小豆灸で温める。
  6. お灸で温める。効果抜群!ぜひ取り入れてほしい、日本古来の自然療法です。安全で質の良いお灸を使えば、だれでも簡単にできます。お灸教室も開催しています。

お灸の選び方

お灸は、価格ではなく、質で選ぶと、より効果的、安全、しかも気持ちが良いです。手に入りやすい良質もぐさのおすすめは以下です。せんねん灸(セネファ)というメーカーは、とてもしっかりしていて信頼でき、消費者対応も丁寧。せんねん灸ホームページでは、お灸情報、ツボ情報もいたれりつくせり。かゆいところに手の届くラインナップです。

基本はソフトでマイルドなもの⇒せんねん灸オフ ソフトきゅう 竹生島

火を使うけど煙がないもの。これは便利!⇒せんねん灸の奇跡 ソフト

火を使わない らくちん!⇒火を使わないお灸 太陽

気持ちよさセンサーで安全&快適&効果UP!

★個別指導もしています。どなたでも簡単にお灸が自分で使えるようになるお灸教室

★できれば一度は 東洋医学治療家の治療を受けて体質を十分にみてもらったうえで、個別指導を受けると安心です。

画像出典(了承いただいて掲載しています。感謝!):せんねん灸HP


【冷え解消】の特効ツボ

images (1)

現代では根深い冷えが、なかなかに深刻。一種の現代病かも。

基本は、触って冷たいところを積極的に温めてください。ツボを使うとより一層効果的です。簡単便利ないろんな「あたためるもの」があります。

 


太谿【たいけい】太谿【たいけい】

内くるぶしのすぐ後ろのくぼみの中にあります。


三陰交【さんいんこう】三陰交【さんいんこう】
内くるぶしの中心から、指幅4本上がったところです。


 

天枢【てんすう】天枢【てんすう】
おへその両わき外側へ、指幅3本ずれたところです。


中脘【ちゅうかん】中脘【ちゅうかん】
身体の中心線上で、おへそから指幅5本上がったところです。


ツボの使い方 色々を紹介…

  1. 優しくなでる。ほんのりあたたまるまで
  2. じわーっと押す。1回の刺激は軽く、ものたりないくらいにして頻度を上げると効き目がたかく、安全です。
  3. 手持ちのもので温める。カイロ、蒸しタオル、ドライヤー。
  4. 手に入りやすいもので温める。こんにゃくをゆでて。塩を炒って。(日本で昔から行われていた家庭療法)
  5. レンジで簡単!な、小豆灸で温める。
  6. お灸で温める。


    お灸の選び方

    お灸は、価格ではなく、質で選ぶと、より効果的、安全、しかも気持ちが良いです。手に入りやすい良質もぐさのおすすめは以下です。せんねん灸(セネファ)というメーカーは、とてもしっかりしていて信頼でき、消費者対応も丁寧。せんねん灸ホームページでは、お灸情報、ツボ情報もいたれりつくせり。かゆいところに手の届くラインナップです。
    基本はソフトでマイルドなもの⇒せんねん灸オフ ソフトきゅう 竹生島

    火を使うけど煙がないもの。これは便利!⇒せんねん灸の奇跡 ソフト

    火を使わない らくちん!⇒火を使わないお灸 太陽

    ★気持ちよさセンサーで安全&快適&効果UP

    ★個別指導もしています。どなたでも簡単にお灸が自分で使えるようになるお灸教室

    ★できれば一度は 東洋医学治療家の治療を受けて体質を十分にみてもらったうえで、個別指導を受けると安心です。

    画像出典(了承いただいて掲載しています。感謝!):せんねん灸HP


穀雨になりました。

養生|養いながら生きる法 - とも治療室|はり・灸|アロマ|花療法|世田谷区豪徳寺|新宿新大久保|女性穀雨です。ここのところ、乾燥していた大地が雨のたびにゆったりと湿り、新緑がますます美しくなっています。

暦便覧には「春雨降りて百穀を生化すればなり」とあります。いろんな植物を育てる恵みの雨。

春は 気温や気候が変わりやすく、風が強く、人の身も心も揺れ動く時期です。温かいようでも寒い風 強い風が吹くので、くれぐれも冷えないように注意して下さい。

 

冷えが入ると、喉が痛くなったりお腹が下ったりします。さらに、雨模様で湿気まで入ると、おへそから下のほうに症状が出てきます。腰痛、膝痛なども。

 

オカシイな、と思ったらすぐ手当てを。

blogでも紹介している冷え取り法など、ご自分でできることから、ストレスにならない範囲で楽しんで実行してください。

それでも、疲れが取れない、あちこち痛い…とだんだん蓄積してきたら、早め早めにプロの手を借りてしっかり立て直していきましょう。

お仕事にも 夢をかなえるにも、人生を楽しむにも体が最大の資本です。

 

おうち灸教室@ナマケモノ倶楽部から生まれた、カフェゆっくり堂で6月6日(水)13時

【!拡散感謝!】キャンセル待ち&次回希望の受付中
2018年6月6日(水)13時から15時まで
横浜市の戸塚駅徒歩8分、善了寺境内

ナマケモノ倶楽部の、スローカフェ。

自然に還る土、わら、等建てられた聞思堂にて
とも治療室の「自分と仲良く自分に優しく」
自分で自分をラクにするお灸教室。
おうち灸

「わたしの暮らし」の中で「私にできること」。
「わたしのなかの自然」を感じよう。

自分で自分を 触って 感じて
「マイツボ=(私のツボ)」をみつけて
お灸をすえてみましょう。

身体が変わるのを実感できます。

毎日続けるスローな時間 気持ちよくセルフケア

ココロとカラダのふり幅が小さくなる。ラクになる。

痛いつらいをナマケよう。
我慢をナマケよう。
長い目で見て医療費すらもナマケちゃおう。

日 時:2018年6月6日(水)13時~15時 カフェタイム含

場 所:カフェゆっくり堂(横浜市の戸塚駅から徒歩8分)

申込み:公式サイト予約フォーム(セキュリティ対策済)https://goo.gl/U4Hmon または kawai@tomohari.com (先着順)

費 用:お一人3,000円+ワンオーダー

服 装:手足の素肌が出しやすい 楽な服装

持ち物:古タオル2枚 肌に印をつけるペン あればライター 問診票記載などのためのボールペン

講 師:とも治療室 院長 河合リコ


梅雨のナマケモノ

草餅でおなじみヨモギから作られた、日本独自の上質なお灸。少し前まで日本の家庭で普通に行われていました。

どなたでも安全簡単に実践できる「おうち灸」を丁寧にお伝えします。

おうち灸は、自分のイノチの力と、四季を感じられる幸せな時間。自分がラクになると、その安らかさは周りへも広がります。

横浜 戸塚・善了寺境内 土や藁、自然に還る素材で建てられた聞思堂(もんしどう)のスローなカフェにて、

アツくなく心地よい、ほんわかリラックスナマケモノ的お灸教室。

昨今、この素晴らしい日本の伝統文化が忘れられ…もぐさ農家さんも伝承がきびしくなり…貴重なセルフケアが、忘れられ去ろうとしています。

だから、今。

未来につながる、自分にやさしいセルフケアを、学びなおしましょう。

自分の身体と仲良くすることは、自分を通して四季を、いのちを、感じることです。

自分の身体に優しくする習慣は、小さな行為を通じて世界へ広がっていきます。一人がラクになることが
まわりを、明るくします。
ひとつまみのもぐさ、1個のお灸の出来ることの楽しさ、パワフルさをお伝えしたいと思っています。

こんなちいさな(低エネルギー!)「やさしい温熱」と 自分の身体の変化をぜひ体験してください。

とも治療室 河合リコ
*“とも”にある…という意味の治療院名です。


【詳細】
場 所:カフェゆっくり堂 (戸塚駅から徒歩8分 )
ダウンロード (2)

〒244-0002 横浜市戸塚区矢部町125 善了寺内


ありがとうございます! 定員にほぼ達しましたので締め切らせていただきます。ただいまキャンセル待ちの状態ですので、それでもよろしければご連絡くださいね。

なお 次回の講座の開催は現在、準備中です。

次回以降の受講を希望される方は以下のメールアドレスに必要事項をそえて(パソコンメールが届くアドレスから)予約メールを。

日程が決り次第優先的にご連絡をいたします

kawai☆tomohari.com(☆を@にかえてください)

----------必要事項------------
①本名
②電話番号
③次回日程の希望の別(平日or土日休日の、10時or13時開催のいずれか)
④質問 ご不明点 不安・懸念などあれば。。

--------------------------

★「予約確定までの流れ」

次回開催日程がきまりしだい→優先的にとも治療室からご案内→受講希望者から改めての申し込みメール→とも治療室から予約確定詳細メールで予約確定。

…の流れとなります。ごめんどうかけ恐縮ですが、より良いお灸教室のため、この大切なプロトコルにご協力くださいませ。


ご予約フォーム

予約時・初回受療時 よくある質問はこちら

ナマケモノ的お灸教室へのQ&A
(予約時にパスワードをお知らせします。)

Q[当日に注意することは?]
A=お灸の実習があります。極端な睡眠不足、空腹&脱水、逆に満腹、など ないよう、おこしくださると安心です。

Q [お寺ということですが正座なのですか? ]
A=お好きな姿勢で大丈夫です。


Q「お灸怖いんです!煙も気になるし、やけどするんじゃ?」
A=現代のお灸はここまで進化しました! ソフトなお灸を丁寧にお教えします

使い方

Q「お灸にやりすぎはあるの? かえって具合悪くなったりするのでは?」
A=お灸は、指導どおり適切に行えば、一般的に、デメリットはありません。ただし火を使うお灸では、「うっかりの火傷」をしないようにだけ、注意しましょう。こわがることはありません。火を使うお料理をする時程度の注意をすれば十分です。

ご予約フォーム


◎天災、人災の発生、不慮の事故などでやむなく開催を中止させていただく場合がございます。中止させていただく場合、すみやかにお申込みをいただいている電話番号へご連絡いたします。

◎天候(台風など)状況により中止になる場合があります。前日までの気象予報をもとに開催可否の判断をいたします。中止と判断した場合、前日までにお申込いただいている電話番号へご連絡いたします。


東洋医学で更年期を楽に乗り切りましょう

更年期 はり灸治療 - とも治療室|はり・灸|アロマ|花療法|世田谷区豪徳寺|新宿新大久保|女性

人生をずっと豊かに生きていくために

 

とも治療室では、はり灸による全身調整、深くリラックスできるアロマトリートメントと、英国の自然療法花療法でのメンタルケアという 3本柱で 「お年頃」な女性をサポートしています。

 

お手当ては、「もしかして…?」と変調を感じるプレ更年期、プレメノポーズ時期から始めると、薬をなるべく使わずに、快適スムーズに乗り切ることができます。我慢せずご相談ください。

 

こんな症状があったら…もしかして?

 

・月経異常:周期が短くなる、長くなる、量が増える、不規則な出血がある

・自律神経失調症状:のぼせ、ほてり、発汗、冷え、ドキドキ動悸、血圧変化

・精神神経症状:物忘れ、集中力の低下、不眠、イライラ、孤独感、憂うつ、頭痛、めまい、しびれ、こわばり

・膣や膀胱などの衰え:頻尿、尿もれ、尿が我慢できない、性交痛、細菌性膣炎をおこしやすい

・筋肉・骨格系の衰え:子宮脱、肩こり、背骨が痛い、関節痛、腰痛、足がだるい

・皮膚の衰え:しみ、しわ、たるみ、透明感の低下

とも治療室の花粉症治療は、まず徹底的に, 冷えとりから。

冷え

とも治療室の花粉症治療は、まず徹底的に冷え取りから行っています。シーズン前からのお手入れがマストですが、今からでも、間に合います!

患者さんには、個別にツボを指導していますが、自分だけでやる場合は、よく体を触ってみることから始めてください。触ること自体が「ケア」になっています。

触るときに あらかじめ手は暖かくし、お手入れしてふわふわすべすべにしておくと、なおよしです。

まずはお腹、背中、腰を触って、冷たいところを重点的に、冷え取り小豆灸をできるだけ毎晩、あたためて。 これで、身体のベースを作っていきましょう。

症状も軽くなるのでぜひお試しを。

簡単手作り小豆灸の作り方はこちら

 

大寒の養生 1月20日

ダウンロード (1)

暦の上で一番寒い日、大寒。中国では「大寒は、風を防いで寒さを防ぎ、朝は高麗人参、黄耆を浸した酒を飲み、夜は杞菊地黄丸を飲む」と伝えられています。

それらの漢方薬の主な効能は、生命エネルギー補給、免疫アップ、潤い補給です。

これらはいずれも冬の養生の根幹で、理にかなっています。大寒の養生は、

  1. 暖かいものを食べ(冷たいものは食べない)
  2. 寒さから身を護り、(冷えとり)
  3. 保湿(保湿機、マスク)
  4. 感染防止。(うがい手洗い)

です。

特に、飽食気味の時期なので、消化機能に負担がかかっています。おなかを休めるために、食べ物には気を付けましょう。味の濃いもの、脂っぽいものは避けて、おかゆや汁物など温かく消化に良いものを、少しずつ食べるようにしてください。「おなかがすいた!」と感じる様な生活が良いのです。

大雪になりました。養生して、水太りを防ぎましょう。12月07日

ダウンロード大雪になりました。これからの養生ポイントは水のコントロールです。

『暦便覧』では「雪いよいよ降り重ねる折からなれば也」とある大雪。たいせつと読みます。

 

冬という季節は、うちにしっかりと貯める時期です。
体力やスタミナ、精神修養をたくわえる時期ととらえてください。
この時期に身につけたものは、身や心にしっかりと定着します。
中国医学では、冬に関係ある臓器は、「腎」
腎は、水の代謝をつかさどります。
体重が冬に増える体質の人は、身体の芯が冷えているかも知れません。芯が冷えると、水の代謝が悪くなり、むくんだり、太ったりしてしまいます。
いわゆる水太り。
しっかりと身体をあたためると、 西洋医学的に「基礎代謝」をあげる事へもつながります。


・冷たいものは食べない
・体をあたためるものを食べる ショウガや熱い汁もの等
・有酸素運動(汗をかかない程度が大事)や、普段使わない筋肉の活性化
・セルフ灸で要所をあたためる


などで体質改善がはかれます。

とも治療室では、患者さん一人ひとりの体質に合った養生指導をしています。日々の運動指導もしています。
どうも疲れが取れない‥最近妙に太った…など、
おかしいなと思ったら ホリスティックトリートメントでメンテナンスを。
治療と、要点を押さえた養生で、日々が快適になります。

冷えとりのお助けアイテム「小豆灸」の簡単なつくりかた&使い方。

azukikyu

お灸といっても、火を使わない 温熱パックで 芯までじんわり温めます。身体をよく触ってみて冷たいところにやりましょう。

あたためてみて気持ちいいかどうか? を基準に場所や時間を決めてください。

「気持ちよいかどうか」… 自分の感覚を磨いていくのが自宅ケアのかなめです。

冷えとりしたい女性なら毎日やってもよいでしょう。気持ちいい範囲でゆったりと。お布団の中、もおすすめ。よく眠れて疲れが取れます。

とも治療室では患者さんおひとりおひとりに、最適なツボの位置をお教えしています。ツボの おおまかな とり方はブログでも連載していますのでご参考ください。

簡単に手作りできます。作り方と使い方。

  1. 自分が美味しく食べられるグレードの小豆を用意。 300~500g程度。
    木綿の布で、小さな袋を四角、楕円、など好きなかたちに縫って小豆を入れる。ざらざらと 中身が動くくらい ゆったりめのサイズにしてください。ミシンがなくても、豆が出てこなければよいので、手縫いでも大丈夫。首や肩にも乗せたい方は長方形が安定します。
  2. だいたい1,2分、レンジ加熱してあたためます。レンジや室温などにもよるので、様子を見ながら加減してください。やりすぎると焦げます! 布が焦げ色になったり、豆が焦臭くなったら、お使いにならないように(燃えやすくなっています)。最初はゆるめに温めるようにしてコツをつかんでください。
  3. 仰向けに寝る。「リラックス」に徹する。深呼吸~
    汗を吸わせるためタオルなどでカバーしたおなかにのせて、ゆったりとやすむ。冷えてきたらざらざら動かして温かいところを出す。あつければタオルなどを重ねて調節します。
  • お布団をかけてそのまま一眠りしても大丈夫。朝まで寝るなら小豆は布団の外に出してください。
  • セルフケアする道具自体に愛を込めることで効果もアップ!します。小豆は食べ物なので、そのように、あつかってあげてください。たまには日に干すとか、袋が汚れたら作り直すとか。においをかいでチェックするとか。大事に扱えば(しょっちゅう使っていれば)虫が湧いたりすることはまずありません。