Q:こんなに軽いはり灸治療で、なぜ治るの?

p02

 

 

Q:こんな軽い治療で、なぜ治るの?

 

お答え:「生命は 本質的にミラクル。そのいのちの力を引き出すから…」

とも治療室では、一般の鍼灸治療よりも格段にマイルドな、優しい治療をしています。そのベースには古典と伝統があります。教養ではなく実用としてです。古典的東洋医学は、深い思想性があります。頭だけで考える思想ではなく、実用として、です。

東洋医学は いのちの力そのものを引き出すので、ご自身の自己治癒力が高まり、さまざまな症状や辛さが軽減していきます。

表題の「治る」という言葉、少しひっかかりがあります。それがおきるている状態は、結果でなく、ベクトルだからです。体験的に、いい言葉がおもいついたら、ぜひ、教えてくださいませ>患者さんへ。


西洋医学と東洋医学の違い・・・

西洋医学は人間を機械のように、部分的にとらえます。部品が壊れたら修理。機械として正常に機能している数値的に整っている状態が健康、と。症状はつらさがなくても、検査で異常があれば治療は始まります。逆につらさがあっても、検査値が正常なら、原因不明と言われてしまいます。

解剖学が基本、悪い部分は切り取る、何か足りなければ注入、病原体には抗生物質等で殺す。となります。

それに対して伝統的な東洋医学は、「いのちの力」が基本です。ホリスティック=全包括的、つまり、すでに人それぞれはもう、完成している。と、とらえます。部品の集合ではないのです。そもそも、いくら部品を集めても、ほんものの命にはなりませんよね?

 

「いのち」が病となったときには、その、形にならない…とおとい「いのち」そのものを調整し、滞りがあればながし、余分なものはで押し出し、足りないものは「気」で入れていく。症状が消えるのに驚いた患者さんに、「まるで魔法ですね!」といわれるけど、それはすべて、患者さんご自身の、いのちの力、です。

さらに、 西洋医学では、これ以上できることはない、といわれたり、原因不明だといわれたことでも、東洋医学では軽快していく… そんな可能性が東洋医学にはあります。

どんなに近代科学が発展しても 、生命は 本質的にミラクル。東洋医学は、そのいのちの力を引き出すから…。と痛感しています。


 

とはいえ、症状が軽くなっても西洋医学は平行いただくことがほとんどです。西洋医学の検査で検証しながら、東洋医学で治療することで、納得していただけるのもありがたいことですから。