秋分になりました。秋の養生ポイントは「おさめる」と「呼吸」

images (2)

秋分になりました

春分と同様に、秋分では昼夜の長さがほぼ同じになる季節です。『暦便覧』では「陰陽の中分なれば也」とあります。

 

春から秋にかけては、どんどんと、外側に開いていき発散するようなイメージの季節でした。

 

秋分からベクトルは逆方向へ一転します。

 

いけいけドンドン発散していくのではなく、

ゆるやかに 内側に収めていくイメージです。

 

いきおい、活動はだんだんと抑え目にしていき、エネルギーの無駄遣いはしないようにしましょう。

 

行動もそうですし、気持ちもそうです。少しずつトーンダウン。

 

ゆったり呼吸して、清廉な「気」をとりいれる。一日に一度でも「意識した深呼吸」をしてみてください。

 

朝起きた時窓を開けて が、おすすめです。

 

清らかですがすがしい…というイメージを持って体中に息を吸い込んでいく。いつもの景色も一味かわって見えるはず。ぜひおためしください。

 

『調身(ちょうしん)・調息(ちょうそく)・調心(ちょうしん)』

簡単調息法。

調息への下準備。