合わない眼鏡で目を酷使し続けると…

images

眼精疲労快復は東洋医学が有効。

合わない眼鏡を使っていると、アレルギーがひどくなったり不眠になったり、手足が冷えたりといった、「原因不明の自律神経失調」が起きることが ままあります。

東洋医学的には論理的な機序ですが、西洋医学ではあまり研究されてるとは言えません。というより、日本では、そんな研究をしている人はごく数人という状況ではないでしょうか?

鍼灸師サイドからいうと、鍼灸治療により、自律神経のバランスが取れることにより、手足が温まり、気持ちよく眠れるようになるなどはよくあること。

だから、合う眼鏡をかけると、同じことが起こるのは道理です。

一般には、合わない眼鏡を外すと楽になったり、のほうが、体験する率は高いかも。ただ、裸眼のままで疲れやすい目もありますから、一概には言えません。今の日本で、「楽になる眼鏡」を作れる方は非常に少ないのが現状です。

 

<誠実に、目によい眼鏡を作ろうとする眼鏡やさんを探しています>

 

眼鏡について、思うところは多いのですが、患者さんに、「こうしたら絶対ううまくいく!」という提案ができず、悩んでしました。

しかし、お困りの方があまりに多いので、まだまだ発展途上ではあるものの、現時点でとも治療が持っている情報、眼精疲労回復に関する考え方をシェアしていきます。

 

中国医学で目を回復 。【中国医学視力回復法】「視力回復教室」