【月経痛】を楽にする、特効ツボ♪

リクエストの多い「特効ツボ」を紹介します。ぜひ活用してください。

基本は、触って冷たいところを積極的に温めてください。ツボを使うとより一層効果的です。

積極的な東洋医学メンテナンスをして、快適に‘自分らしく、生き生きと、心の底からやりたいことをやるために’健康を維持しましょう。

 

月経中のセルフケアは、「体のめぐりをよくする」「冷えをとる」です。お灸は女性周期とっても相性が良いのです。

気が付いたときからはじめることで、女性の人生の様々な面で、体調を整えることができます。ぜひご活用ください。

 


 

気・血のめぐりを良くする

期門(きもん)
期門(きもん)

期門(きもん)
みぞおちから、肋骨のふちをなぞりながら斜めに下がると、くぼみで指が止ります。

 

 

 


 

血海(けっかい)
血海(けっかい)

排血のバランスを整える 血海(けっかい)
膝蓋骨(しつがいこつ)の内側、上端角から指幅3本上がったところです。

 

 

 


 

陰交(いんこう)
陰交(いんこう)

排血の多少を整える 陰交(いんこう)
おへそと恥骨のあいだを5等分して、おへそから1/5下がったところです。

 

 

 


 

合谷(ごうこく)
合谷(ごうこく)

痛みをやわらげる 合谷(ごうこく)
手のこうを上にして、親指と人さし指の付け根のあいだを指で押すと圧痛があります。
肌あれ、むくみがある場合

 

 


 

曲池(きょくち)
曲池(きょくち)

曲池(きょくち)手のひらを上にしてヒジを曲げ、内側にできた横じわの上で、親指側の先端です。

 

 


 

手三里(てさんり)
手三里(てさんり)

消化不良、便通異常を改善し、デトックスを助ける…手三里(てさんり)
ヒジの内側にできる曲がりじわの親指側の先端から手先に向かって指幅3本移動したところです。

 

 

 


ツボの使い方 色々を紹介…

  1. 優しくなでる。ほんのりあたたまるまで
  2. じわーっと押す。1回の刺激は軽く、ものたりないくらいにして頻度を上げると効き目がたかく、安全です。
  3. 手持ちのもので温める。カイロ、蒸しタオル、ドライヤー。
  4. 手に入りやすいもので温める。こんにゃくをゆでて。塩を炒って。(日本で昔から行われていた家庭療法)
  5. レンジで簡単!な、小豆灸で温める。
  6. お灸で温める。効果抜群!ぜひ取り入れてほしい、日本古来の自然療法です。安全で質の良いお灸を使えば、だれでも簡単にできます。お灸教室も開催しています。

お灸の選び方

お灸は、価格ではなく、質で選ぶと、より効果的、安全、しかも気持ちが良いです。手に入りやすい良質もぐさのおすすめは以下です。メーカーがしっかりしていて信頼でき、消費者対応も丁寧。ホームページでは、お灸情報、ツボ情報もいたれりつくせり。かゆいところに手の届くラインナップです。

基本はソフトでマイルドなもの⇒

火を使わないタイプ。オフィスや家事中でも安全に使えます(睡眠中はNG)⇒

火を使うけど煙がないもの。これは便利!⇒

気持ちよさセンサーで安全&快適&効果UP!

★個別指導もしています。どなたでも簡単にお灸が自分で使えるようになるお灸教室

★できれば一度 東洋医学治療家の治療を受けて体質を十分にみてもらったうえで、個別指導を受けると安心です。

画像出典(了承いただいて掲載しています。感謝!):せんねん灸HP