「喉」タグアーカイブ

「休んでいいよ」と、ご自分に許してあげてください。

ダウンロード (1)

風邪患者さん急増中。腫れぽったい目、鼻、のどで、顔関係の熱症状が悪化して…普段より一段激しい症状になりそうなのを、治療で食い止めている感じです。

身体が今、まさに、外邪(よけいなもの)と戦っている最中に、当の本人は、「今からちょっと寝て、寝たら起きて仕事して、明日の段取りは…」などと、考えていることが往々にしてあり。

治療していると、体が「休んでいいの?ダメなの?」「正直、 こんなにも続く 戦闘態勢はきついよう~」と戸惑っている感じがビンビン伝わってきて、残念!

お願いですから、こんなにもけなげな、貴重な、宇宙に唯一の貴方のお体に「休んでいいよ」といってあげてください、と涙ながら!?に患者さんを説得しております。

あ、そうか、と気づいてくれると、ぱああっと 体が治るほうにシフトしていきます。ありがたいことに、みなさんわかってくださる・・・臨床家が、そこまで口を出すの僭越かもしれません、もうしわけない。

お仕事はお仕事で大事ですもの。でも、せつない体の声、通訳したくなってしまうのです。

今つらい症状のある方、ぴんときたら、だまされたと思って、「休んでもいいよ」と身体にささやいてあげてみてください。ミラクルが、おこるかも。

道端の片隅の菫のような小さな 体の声を、聞いてあげてください。聞こえないぞというかたは、ぜひ通訳できるプロのところへ!

 

 

 

穀雨になりました。

養生|養いながら生きる法 - とも治療室|はり・灸|アロマ|花療法|世田谷区豪徳寺|新宿新大久保|女性穀雨です。ここのところ、乾燥していた大地が雨のたびにゆったりと湿り、新緑がますます美しくなっています。

暦便覧には「春雨降りて百穀を生化すればなり」とあります。いろんな植物を育てる恵みの雨。

春は 気温や気候が変わりやすく、風が強く、人の身も心も揺れ動く時期です。温かいようでも寒い風 強い風が吹くので、くれぐれも冷えないように注意して下さい。

 

冷えが入ると、喉が痛くなったりお腹が下ったりします。さらに、雨模様で湿気まで入ると、おへそから下のほうに症状が出てきます。腰痛、膝痛なども。

 

オカシイな、と思ったらすぐ手当てを。

blogでも紹介している冷え取り法など、ご自分でできることから、ストレスにならない範囲で楽しんで実行してください。

それでも、疲れが取れない、あちこち痛い…とだんだん蓄積してきたら、早め早めにプロの手を借りてしっかり立て直していきましょう。

お仕事にも 夢をかなえるにも、人生を楽しむにも体が最大の資本です。