「ノロウイルス」タグアーカイブ

緊急!急性胃腸炎は【食中毒のツボ】で、予防&ケア

おなかの不調、下痢、おなかの風邪に、著効のツボを、紹介します。何か食べた後はいたり下したりにも。

★高熱、脱水症状は、迷わず病院へ!

★普段から手洗い、衛生的な食品の扱いには気を付けて(特に温度の高い日)

古来から使われている「食中毒のツボ」で、予防、そして症状改善しましょう。名前は「裏内庭」といいます。特効ツボです。

taisyo_solar_sub01

 

足の第2指を折り曲げて、第2指の腹が足裏についたところです。

 

 

ツボの使い方は一般には以下です。

予防ならこれでよいですが、すでに症状が出ていたり、

家族に症状が出ていて予防したいときには、ピシッと しっかりとお灸するのがおすすめです。

足の裏は熱を感じにくいところです。「あちっ!」と感じるくらいまで、何度も何度もお灸してください。せんねん灸「奇跡」レギュラーがおすすめです。あまりにも冷えている人は「奇跡」ハードで。

  1.  

     


    ツボの使い方 色々を紹介…

    1. 優しくなでる。ほんのりあたたまるまで
    2. じわーっと押す。1回の刺激は軽く、ものたりないくらいにして頻度を上げると効き目がたかく、安全です。
    3. 手持ちのもので温める。カイロ、蒸しタオル、ドライヤー。
    4. 手に入りやすいもので温める。こんにゃくをゆでて。塩を炒って。(日本で昔から行われていた家庭療法)
    5. レンジで簡単!な、小豆灸で温める。
    6. お灸で温める。効果抜群、一番やってほしい、ぜひ取り入れていただきたい、日本古来の自然療法。安全で質の良いお灸を使えば、だれでも簡単にできます。お灸教室も開催しています。

    ★自分で自分をラクにするおうち灸教室…「自分と仲良く自分に優しく」


    お灸の選び方

    お灸は、価格ではなく、質で選ぶと、より効果的、安全、しかも気持ちが良いです。手に入りやすい良質もぐさのおすすめは以下です。せんねん灸(セネファ)というメーカーは、とてもしっかりしていて信頼でき、消費者対応も丁寧。せんねん灸ホームページでは、お灸情報、ツボ情報もいたれりつくせり。かゆいところに手の届くラインナップです。
    基本はソフトでマイルドなもの⇒せんねん灸オフ ソフトきゅう 竹生島

    火を使うけど煙がないもの。これは便利!⇒せんねん灸の奇跡 ソフト

    火を使わない らくちん!⇒火を使わないお灸 太陽

    ★気持ちよさセンサーで安全&快適&効果UP

    ★個別指導もしています。どなたでも簡単にお灸が自分で使えるようになるお灸教室

    ★できれば一度は 東洋医学治療家の治療を受けて体質を十分にみてもらったうえで、個別指導を受けると安心です。

    画像出典(了承いただいて掲載しています。感謝!):せんねん灸HP

新型コロナウイルス感染拡大防止のための次亜塩素酸ナトリウム消毒液の作り方

ウイルスの消毒薬は、家庭で簡単に作ることができます。

一人暮らしで自分だけなった時は 消毒するより、まずは 自分が寝て治すしかないですが、もしも、家族がなった時には、ほかの家族が感染しないよう、しっかり対策をしましょう。

 

家庭用塩素系漂白剤で「次亜塩素酸ナトリウム消毒液」を作ることができます

家庭用の塩素系漂白剤(ここではハイター、キッチンハイターで説明します)には、次亜塩素酸ナトリウムが含まれています。

「次亜塩素酸ナトリウム消毒液」を作ることができます。

この消毒液は、ドアノブなど「物の殺菌消毒に有効」でウィルス感染対策に使われている手法です。

直接手で触れないよう注意しながら、ご活用ください。

(注意)
手の消毒には、絶対に使用しないでください。
使用するときは、十分な換気を行ってください。

「ハイター」と「キッチンハイター」の希釈の目安

(直射日光にあたる場所や高温での保管をしていない場合)

●薄めた液をスプレー容器で噴霧はNG。吸い込むと体に悪いです。
●薄めた液は、次亜塩素酸ナトリウムが分解されやすく効果が持続しません。使用の都度、必要な量をつくるようにしてください。時間の経過とともに効果が減少しますので、なるべく一回一回作るようにしてください。

このような商品が使えます

家庭用塩素系漂白剤(次亜塩素酸ナトリウムが主成分の製品)例
メーカー 商品
花王 ハイター、キッチンハイター、キッチン泡ハイターなど
カネヨ石鹸 カネヨブリーチ、カネヨキッチンブリーチなど
ミツエイ ブリーチ、キッチンブリーチなど

 

使い方はメーカーサイトをご覧ください。

次亜塩素酸ナトリウム消毒液の使用方法

ペーパータオルなどに十分に薬液を含ませて拭いた後に、水拭きをが必要です。

使用の際の注意事項

  • ゴム手袋等着用。直接手で触れないように使用してください。
  • 消毒作業以外には使用しないでください。
  • 使用するときは、十分な換気を行ってください。
  • 他の薬品と混ぜないでください。
  • 金属部位に使用する場合は、劣化する可能性があります。
  • 製品に記載してある「使用上の注意」をよく読んで使用してください。

その他

  • 食器や箸、温度に強い布は、80度の熱水に10分間さらすと消毒ができます。(火傷に注意してください。)
  • 新型コロナウイルス対策には、身のまわりを清潔にすることが大切です。石鹸やハンドソープを使った丁寧な手洗いを行ってください。