東洋医学的「更年期」2000前の女性ホルモンの概念。

更年期 はり灸治療 - とも治療室|はり・灸|アロマ|花療法|世田谷区豪徳寺|新宿新大久保|女性

 

中国医学、東洋医学では、更年期を、妊娠可能な成熟期から老年期への移行期と定義しています。西洋医学と同じです。

2000年前に書かれた『素間・上古天真論』の中で、女性の生長発育を7歳単位で7周期で区切っていく考え方があります。

「7歳で歯が抜け変わり、14歳で天癸が至り、任脈通じ、太衝脈が盛んになり、月経が始まり、妊娠可能となる」。この「天癸」は、今でいう女性ホルモンに近い働きをしています。

こんな古い時代に、すでに、女性ホルモンのような概念があるのです。

2018年2月19日は二十四節気の『雨水(うすい)』ひな人形は…

ダウンロード (1)二十四節気の『雨水(うすい)』とは。

“陽気地上に発し 雪氷とけて雨水となれば也”(暦便覧)

とあり、冬の陰気が覆っていた地上に陽気が発生し、雪から雨にかわってくる…と江戸時代の暦に書かれています

湿気寒いときは関節の痛みがつらくなりがち。暖かくしてお過ごしを。

しかしながら例年、雨水を過ぎると急に春めいてくる日が増えます。ひな人形は雨水に飾ると縁起が良いといわれています。

春まであと一歩。

 

妊娠にむけて‘幸せ身体‘’を作る、新月お灸教室新月2018年3月17日(土)

07_side_p_img05妊娠にむけて‘幸せ身体‘’を作る、新月お灸教室新月2018年3月17日(土)

自分の身体をよく知り、身体の声を聴く楽しいレッスンです。一度覚えると一生モノの宝となります、ぜひ、この、エコで安全で、気持ちよくて楽しい「わざ」を身につけてください。まずは、自分の身体と仲良くなるところから…はじめましょう。


身体の声を聴いて、毎日セルフケアするだけで、毎日がどんどん楽に楽しくすごせるようになります。

毎月新月に「女性ホルモンを整えて幸せ身体を作る」等 女性のカラダに特化した新月お灸教室を開催。

詳細はhttps://tomohari.com/oqkyousitu/

●日時☆毎月新月、一組ずつの完全予約制。新月開催は紹介のある方対象で豪徳寺サロン開催。紹介なしの方は新大久保提携サロンで開催。申込時に半月以上先の希望日時を添えてください。

受講料★紹介のあるなしと人数によります。

★「患者さん、産科病院、提携施設などからの紹介あるかた」は⇒複数同時申し込み「お一人3000円」豪徳寺サロンにて。

★「患者さん、産科病院、提携施設などからの紹介あるかた」お一人申し込みの場合⇒しっかり体を拝見し、ご希望あれば治療したうえで、その治療効果をさらにアップし継続できる、貴女にカスタマイズした有効なお灸をお教えします。人気のあるお得なコースです。(初診料・お灸教室込7000円 豪徳寺サロンにて)

☆「紹介なし」で二人同時申込みの場合、「新大久保提携サロン」にて「お一人3500円」。

☆「紹介なし」の方で、おひとり申し込みの場合は 体をよく拝見し、貴女にカスタマイズした有効なお灸のやりかたをお教えします(お一人6000円 新大久保提携サロンにて)


 

2018年3月17日 開催は紹介あるかたのみ、それ以外は申し込みグループごとに、日時相談の上開催します

開催地【とも治療室★豪徳寺プライベートサロン】
★最寄り駅:★小田急線【豪徳寺駅】【山下駅】数分 詳しくは下記にあります。
開始時間は相談の上一組ずつ設定します。
連絡先(申し込み):03-3425-1822
参加費:グループ各自3,000円 お一人は要相談
定員:2~8名
対象:紹介のある、妊活、挙児希望の女性。体を整えながらセルフケアとしてのお灸を生活に取り入れられるようお手伝いします。お灸がはじめての方、鍼灸が怖いと思う方も大歓迎。


路線図

豪徳寺サロン(紹介あるかたのみ)
★小田急線【豪徳寺駅】から徒歩3分
★世田谷線【山下駅】から徒歩3分
★京王線【下高井戸駅】から徒歩15分
------主要駅から最寄り駅まで----
【新宿駅】から 約16分
【渋谷駅】から 約21分
【三軒茶屋駅】から 約12分
【吉祥寺駅】から 約25分
【荻窪駅】から 約30分
【池袋駅】から 約33分
【東京駅】から 約37分
【品川駅】から 約43分
【川崎駅】から 約45分
【上野駅】から 約45分
【横浜駅】から 約60分
-----------------------------------------
map_okubo_300x150px

紹介なしの方はJR山手線【新大久保提携サロン】にておこないます。★JR山手線【新大久保駅】徒歩1分★総武線【大久保駅】から徒歩3分
----------------------------------------
★インターネット24時間受付★

旧暦のお正月、春節

今日は旧暦のお正月、春節です。

images (1)

 

中国では春節が正月で、前日は大晦日。過ぎ去る年月を回想しながらこれから迎える新しい年に想いを馳せ、大晦日に家族みんなそろって集まり、年越しをします。すべての災禍と疫病を追い払いうよう、大掃除を済ませて、年を迎えるのです。

古来、旧暦の春、何よりめでたい時期。中国文化圏のお正月は日本の厳かな静かなものとは違い、爆竹が鳴り響きとても賑やかなものです。これは日本の豆まきと同じ意味合いで、鬼を祓うためと言われています。

日本では年越しにお蕎麦を食べますが、

春節では北方では餃子、南方では鍋やスープを食べる事も多いようです。どちらも、縁起が良い食べ物。

餃子は、天に一年の報告に行っていた竈(かまど)の神様が帰ってくる日である春節に、神様を迎えるためのお供えものとして造られます。餃子には新と旧が入れ替わる「更歳交子」という意味もあるそうです。食べ物に込められた思い、感慨深いです。

満月 2018年3月2日(金)★満月の…「誰でもつかえるバッチフラワー入門セミナー」 毎月、満月に、一組ずつ予約を取ります。約2時間の体験ワークショップ

BFR7

とも治療室では、バッチフラワーをまったく知らない、まだ使ったことがない方が、生活の中で花療法を、気軽に使えるようになる…

「誰でもつかえる入門」を開催しています。

seminar

最新の花療法セミナー開催情報はこちら

すでにバッチフラワーを使ったことがある方には、さらに役立つわかりやすく楽しい内容です。回数を重ねるごとにレメディへの理解が深まり、ご自分のマイナス感情を手放し、自分の良い面が前に出るようになっていきます。

バッチフラワーを一人でも簡単に「セルフケア」に使う基本が身につく内容で、ご自身のために実際にバッチフラワーレメディを選びトリートメントボトルを作る体験ができます。

バッチフラワーレメディとは?

レスキューレメディバッチフラワーレメディは、英国の医師エドワード・バッチ博士によって開発された副作用や習慣性のない安全でシンプルな自然療法です。草木の花から作られたナチュラルなレメディを飲むことで、おだやかにバランスが整っていきます。アロマテラピー・アロマセラピー・芳香療法との違いはこちら。

 人はだれでも感情を感じています

「イライラ」「優柔不断」「心配」「やる気が出ない」など、私たちの心は様々な感情に揺れ動いています。

BFR2イギリスの野生の花からつくられた39種類のバッチフラワーレメディが、それぞれの感情をマイルドに癒して、本来の自分のニュートラルな状態へ近づくように調和を取ってくれます。

ストレスの内容をあれこれ追求するのではなく、表面にわかりやすくみえている、マイナス感情…今、このときのストレス。それに対応する花のレメディを飲むことで、とても簡単に、ナチュラルなセルフケアができます。
ナチュラルで自然で、役立つ…ご自分や家族のために、こんなバッチフラワーレメディをとり入れてみませんか?

♪満月に自分を癒そう♪「誰でもつかえるバッチフラワー入門セミナー」

日時:毎月 満月に、一組ずつ予約を取ります。約2時間

場所:紹介有:【とも治療室豪徳寺プライベートサロン】( 東京都世田谷区宮坂)

※紹介なしの場合は、小田急線「豪徳寺」駅至近カフェでおこないます。別途各自飲み物代。


大きな地図で見る

  • 「バッチフラワーって聞いたことがあるけれど、なんだろう?」「興味はあるけれど、よくわからなくて使ったことはない」「実際にどの花を選べばいいのかわからない」といった初心者の方対象に、バッチフラワーレメディを2時間でわかりやすくご紹介する入門講座です。

バッチフラワーがどんなものか、どうやって使うのか、今自分に必要なレメディは? といった基本を学ぶことができます。

******* 講座内容 *******
・バッチフラワーレメディの概要と使い方
・バッチ博士に関して
・レスキューレメディを中心としたレメディの説明
・事例や質問からレメディを選ぶ
・トリートメントボトルの作成

******* 受講料 *******

受講料には、バッチフラワーレメディの指標パンフレット、約1ヵ月感情デトックスに使える、貴方だけのオリジナルトリートメントボトル代が含まれます。

基本的に申込1組ごとのセミナーです。申込人数によって受講料が異なります。以下一人分の受講料です

  • 1人(マンツーマン)  5,000円 (~60分)
  • 2人(ペア) 一人   3,500円 (~90分)
  • 3人以上(グループ) 3,000円 (~120分)

★とも治療室リピーターさんにかぎり、ボトル持参で500円引き致します。ボトルは複数持っておくのがおすすめです。★

※希望の方にはセミナー内で選んだレメディでトリートメントボトル制作を体験していただけます。

※ご紹介なき場合は豪徳寺駅前のカフェで行い、レメディは後日郵送になります。

※時間は目安です。そのときどきの雰囲気やメンバーの経験度によってことなります。初回の方は、目安時間プラス30分程度見ておいてください。

★何回でも参加できます。(前回の花療法やセミナーから1週間以上間隔をあけてください)

★自分で自分のためにレメディを使うことができるセミナーです。

★花療法リピーターさんへ。家族(受験生の子供、介護中の親、パートナーとのコミュニケーション等…)や 親しい人(ショックなことがあって悩んでいる親友等…)のためにレメディがほしい、という場合も セミナーでご相談ください。こっそり飲ませるのはNG!ですが、ご本人了解なら代理相談もおうけしています。

******* 持ち物 *******
筆記用具

未開封ミネラルウオーター(小さいもの)

公式サイトの「予約フォーム」をご利用ください。

各種講座(お灸教室・花療法セミナーなど)コースにチェックを入れ、ご希望の時間を指定してください。

メッセージ欄に「セミナー」と記入ください。参加者複数の場合は全員の参加者名をお書きください。

こちらからメールなどでお返事します。その後、一度お電話でお話したのち、予約確定いたします。

★正常に予約フォームが送られた場合は、ご記載のメールアドレスにすぐ返信があります。その返信がない場合、メールアドレス間違いなどが考えられます。

★自動返信がない場合や24時間以内にこちらから連絡がない場合は、何らかのトラブルが考えられます。直接、お電話等でご連絡くださいませ。

お灸は熱のある時やってもよいですか?

熱があるとき セルフ灸はNG、が 基本です

素人さんには判断が難しいので、君子危うきに近寄らずでお願いいたします。
image (2)
お気に入りツボがある人は、手や足(踵を使うと なかなか らくちんですよ~)をうまくつかって、さすったり、軽いマッサージはよいでしょう。

あくまで
気持ちよく
楽~な範囲で
気持ちよさセンサー(自分養生のコツ)にて。

外出できるようになったら 早めに治療にいらしてくださいませ、早く本調子に戻りらくになります

 こころとはり灸。花療法とはり灸について…

ほとんど触れるだけの繊細な鍼は、気持ちを明るくする作用があります。まさに「気」そのものを扱うからです。はり灸治療をおこなって、人間関係がよくなった、気持ちが軽くなったというのは日常茶飯事です。

体が緩めば、こころもかるくなります。それでも 生きていく以上、考えること、迷うこと、心が感じる様々なストレスは尽きないもの。花療法によって、手放したい感情がマイルドに癒されていきます。

心が軽くなれば、体もらくになるのは、道理。はり灸 アロマ 花療法の3つの柱は、素晴らしくパワフルです。

バッチフラワーレメディとアロマテラピーとの違い  

bach_remedies-160バッチフラワーレメディとアロマテラピーとの違い

 

 

he-7-bach-groups バッチフラワーレメディは、アロマテラピーと間違われることがよくありますが、バッチフラワーレメディはアロマテラピーではありません。

 

 

アロマセラピーはその香りや有効成分が嗅覚や皮膚を通して大脳へ伝わり、心身に影響を与えます。

 

12794351_1342802222412642_974261000092124678_nバッチフラワーについてはまだ科学的に解明されていないところがありますが、野生の花や植物のエネルギーがより微細に、感情や精神に対して働きかけ、ネガティブなものからポジティブなものへ置き換えていきます。

 

 

アロマテラピーとバッチフラワーレメディ、どちらも原料は植物です。
アロマオイルやハーブティー、植物サプリメントなどは、植物が持っている有効成分を抽出し、その薬効が、嗅覚から脳へ、また、皮膚や胃から吸収され、身体に直接働きかけ変化を与えていきます。
バッチフラワーレメディに香りはなく、飲用して使うのが一般的で、花のエネルギーが感情に働きかけ、本来の自分に立ち返るのを助けてくれます。とも治療室で使っているレメディは、ネルソンバッチ。バッチ博士がレメディを作った場所で、今も手作業で作られているもの。とてもパワフルです。BachCentre-FrontYard-sm-5

春の養生のコツは、「のびのび!」(古典 四気調神大論より)

ダウンロード (2)春の養生(古典より)

  • 少し遅く寝て少し早く起きて庭に出てゆっくりと歩き、髪を解きほぐし、体を伸びやかにする。(身体を動かし、気持ちよくのびのびと~)
  • 心持ちは活き活きと生気を充満させて、生れたばかりの万物のようにするよい。(ストレスはためない)
  • 生れたばかりの万物のように、とは。自然な生長にまかせるべきで、邪魔はしてはならない。褒めるべきで、罰してはいけない。(自分も他人も褒めて伸ばす♪押さえつけない)
  • 大いに心をはげまし、目を楽しませるべきで、体をしいたげてはならない。(楽しむこと、でも疲れすぎないで!)

2000年前の最古の医学書 黄帝内経素問四気調神大論を読んでみると春の3ヶ月間を「発陳」と言う、とあります。
元々春という言葉は 発る・張るから来ているといわれ、冬の間かくれていたすべてのものが、芽を出し活動的になり始める時期です。

昼の時間が長くなり、外の気温もだんだんと上昇しはじめると、「陽」の要素が少しずつ増し、消耗を避けてじっと閉蔵していた動物や植物も、陽気に応じて活発に行動し始めます。

人間も同じく陽気が徐々に活発に働き始めます。この気に従って適度に行動する事が良く、動かないでじっとしていると、陽気が体の内にこもってしまい病気になる原因を作ってしまいます。

春は、のぼせ,アレルギー症状,月経不順,気分の浮き沈み,肌荒れ,胃腸障害,等が出やすい季節。

小さな自然である人間は、大きな自然の影響を受け、四季が変化するように、刻一刻と変化し続けています。春の「気」をうまく利用して、のびのびとした体と心を養いましょう。とも治療室がお手伝いします。