立夏

立夏です。夏バテ防止に、夏の養生をしっかりと! 

新緑

立夏(りっか)になりました。次第に暑くなり新緑がまぶしくさわやかな五月晴れ。

夏は、冬につちかい、春にのびのびと芽吹いてきた自分を、おもいきり表現する時期。

東洋医学的には「心(西洋医学の臓器そのものではなくはたらきもふくめます)」の働きが活発になります。動悸等に気が付く人もいるでしょう、この時期は「心」の弱さが出やすいので、早期発見のチャンス。動悸や不整脈をかんじたら早めに検査しておくと安心です。

夏の養生注意点

  • 朝晩、室内外の気温変化への対応
  • 暑いからといって冷たいものの暴飲暴食をしない。冷たいものを食べても涼しくはなりません、あとあとだるさが出て夏バテします。
  • 適度な水分補給
  • 季節の野菜をたっぷりと

夏は、東洋医学的に、消化器がやられやすい時期です。夏バテの根本原因は、消化機能ダウンによる、エネルギー育成能力低下⇒だるさ、ばて、さらにもっと食べられなくなるにつながります。夏こそ、おなか大事! 夏バテ防止には食べ方の基本を押さえてくださいね。