バッチフラワーレメディとアロマテラピーとの違い  

bach_remedies-160バッチフラワーレメディとアロマテラピーとの違い

 

 

he-7-bach-groups バッチフラワーレメディは、アロマテラピーと間違われることがよくありますが、バッチフラワーレメディはアロマテラピーではありません。

 

 

アロマセラピーはその香りや有効成分が嗅覚や皮膚を通して大脳へ伝わり、心身に影響を与えます。

 

12794351_1342802222412642_974261000092124678_nバッチフラワーについてはまだ科学的に解明されていないところがありますが、野生の花や植物のエネルギーがより微細に、感情や精神に対して働きかけ、ネガティブなものからポジティブなものへ置き換えていきます。

 

 

アロマテラピーとバッチフラワーレメディ、どちらも原料は植物です。
アロマオイルやハーブティー、植物サプリメントなどは、植物が持っている有効成分を抽出し、その薬効が、嗅覚から脳へ、また、皮膚や胃から吸収され、身体に直接働きかけ変化を与えていきます。
バッチフラワーレメディに香りはなく、飲用して使うのが一般的で、花のエネルギーが感情に働きかけ、本来の自分に立ち返るのを助けてくれます。とも治療室で使っているレメディは、ネルソンバッチ。バッチ博士がレメディを作った場所で、今も手作業で作られているもの。とてもパワフルです。BachCentre-FrontYard-sm-5