【緊急】ノロかも?と思ったら。消毒薬の作り方。

ノロウイルスなどによる感染性胃腸炎が増え続けています。

ノロウイルスの消毒薬は、家庭で簡単に作ることができます。一人暮らしで自分だけなった時は 消毒するより、まずは 自分が寝て治すしかないですが、もしも、家族がなった時には、ほかの家族が感染しないよう、しっかり対策をしましょう。

ノロ対策

塩素系漂白剤で、消毒液を作る

次亜塩素酸ナトリウム液は薬局はやインターネットで購入できますが、緊急には、家庭の塩素系漂白剤で代用して作ることができます。

■便や嘔吐物が付着した床や衣類、トイレなどの消毒をする場合
濃度 0.1%(1000ppm)の消毒液で消毒してください。

まず、500mlの空のペットボトルを用意します。その中に、ペットボトルキャップ2杯の塩素系漂白剤を入れます。漏斗(じょうご:ろうと)を使うとこぼさずに作れます。そして、その中に水を加えて全体を500mlにしてできあがりです。
■おもちゃ、調理器具、直接手で触れる部分などの消毒をする場合
濃度 0.02%(200ppm)の消毒液で消毒します。

2Lの空のペットボトルを用意します。その中に、上記と同じようにペットボトルキャップ2杯の塩素系漂白剤を入れます。そこに水を加えて全体量を2Lにしてできあがりです。

時間の経過とともに効果が減少しますので、なるべく一回一回作るようにしてください。

また、処理するときには、必ず使い捨てのビニールの手袋や捨てられる雑巾やペーパーを使用してくださいね。飛び散らないようにメガネやゴーグル、マスクをつけることをお勧めします。

なお、拭いた雑巾やペーパーは、ゴミ袋の袋をよく閉じて捨てるようにしてください。

画像:福山市「ノロウイルスマニュアル」より。原文はこちら。